Admin   Newentry   Upload   Allarchives

燃えよムチ

馬を見る目はありますが人を見る目はありません

最近の記事

AJCC+東海ステークス_2019予想 

去年の今頃は急きょ車の買い替えをしなくてはならなくなって
競馬に割く時間が無いというか、精神的にイッパイイッパイだった。
(ちなみに話が長くなるので予想まで読まなくていいです)

基本的に乗り換える気はあったが、去年の正月の時点で
今年(2018)は車検を受けて2019年に乗り換えようやって話になってたし
なんで車検まで1か月を切った時点で私以外の家族間で乗り換え方針に至ったのか?
それも全額私持ちで・・・。
意味わからん。家帰ってきてカタログ置いてあって、すでに試乗見積もり後だったし

そこから一旦家族を説得し試乗するのが週末ありきで予定を組んで
父も運転するので、予定合せもあるしで、
そもそも家族の意見が一致しない状況から車屋めぐり。
いま思い出しても競馬とか枠順しかみてなかったのではないだろうか。
この状況下でも馬券を一応買い続けたのは、買ってないとクラシック戦線で
意味不明になり兼ねないからだ。
昔、夜の仕事が多い時にGIとかGIIだけ買ってる時があって
その頃はもう惰性というか、過去のレース見てないから訳分からんような状態
今思えば競馬止めるチャンスだったなって
まぁ去年の春に近年稀な馬券の大スランプはこうやって始まったわけよね。

まぁ即金で買えるほど金に余裕があれば、もしくは計画的であれば
あそこまで毎日追い込まれなかったと思うが
日に日に車検は近づくは、新車だと納期まで日もあるわ、って
精神的に遣られたのか冬場の水分補給を失敗したのか
便秘気味になって痔が悪化、慌てて水分をがぶがぶ飲んでたら
もともと尿管結石だか尿道結石だかで石が落ちてくる体で
あー血が小便に混ざってるわーとか
片頭痛持ちなもんで発作的に襲ってきて寝込んだりしつつ
年配の父親の事を考えて安全装置付は必須で、そりゃ色々調べましたよ
ほんと競馬の予想より頭使うとか正気じゃない()
TVで老人が逆走した事件があったり、老人の運転する車が大きく扱われたり
もうね、各メーカー全部同じような安全システムにしてくれって感じ
千差万別すぎる。自由すぎてそりゃ事故多いだろって
まぁ次はもっと余裕をもって車乗り換えたいね。。。

中山11R
アメリカジョッキークラブカップ
◎ジェネラーレウーノ
○ステイインシアトル
△フィエールマン

動きのよさそうな馬
ステイインシアトル>ダンビュライト>ジェネラーレウーノ

まず4歳勢の取り捨て
ま、見てれば分かるがやっぱり今年の4歳は結果が出てる。
上の世代が故障やら何やらで成長が遅れたり、早期に抜けたのもあるが
世代の絶対値が高いのは間違いない。
フィエールマンとジェネラーレウーノはクラシック上位で間違いなく
古馬になっても今の段階ではTOP集団で間違いないと思う。
今回は適性という面で言うと中山巧者と思えるジェネラーレウーノ
馬券的にはこいつから入りたい。
皐月賞をミドルで押し切ろうとした一頭でかなり強力な先行馬
ダービーはその反動か仕上げのミスか
セントライトでも東の勢力では抜けた勝ち方だったし
休み明けはむしろプラスで中山で大崩れは考えにくい。ここは頭で考えたい。
対抗にステイインシアトル
冬場なので絶対視は出来ないが休み明けのフレッシュ状態だとめっぽう走る。
ただし、それも1か月かけて入念に追切本数をこなしており
GIIを勝てるだけの仕上げと思える。
問題は中山の坂適性。血統的背景から冬場の中山でも合うとみた。
菊花賞馬フィエールマン
普通なら菊花賞馬はこんな所から始動しない。
阪神大賞典か日経賞か大阪杯
仮にドバイに行くとしても京都記念からだろう。かなり昔には居たが
極めて珍しいローテと言わざるをえない。
ただしルメール騎手の騎乗確保が難しいこととGI馬の斤量を考えると
選択肢はあまり多くもなく、ここになったのだろうか。
正直、追い切りの見た目はギリ及第点
中間に熱発があったような話にしては、追い切りは悪くない。
ただし変則の正月もあったが中間調教自体は軽い。
美浦の多くは外厩舎任せもあるので一概には言えないけど
仕上げ度は高くないといえる。
正直、3月頃の好天の続く良馬場であれば、この出来でも期待するが
一つ上の姉が荒れた洋芝で走れているが今の馬場が合うかどうか。
アッサリもあると思うが印は落としておく

中京11R
東海ステークス
◎インティ
○アンジュデジール
△チュウワウィザード

動きのよさそうな馬
インティ>>アングライフェン
一週前からアンジュデジール
正直、野中調教師ってこんなに中間上手く作れるんだなって
グリムも同厩だしクインズサターンとかダート馬作るの上手いのか
ちょっと見る目変えていくべきなのかも

本命には暴力的な強さで連勝中のインティ
正直タイム的なものやそういうのでは比較できるが
それ以外は前走前々走と桁違いすぎてよく分からない。
芝でもそうだがある程度の着差が開き始めると感覚がボケる。
過去にも準OPとかでそういうパフォーマンスをして
重賞の壁にブチあたった馬も多いので、もしやという事も考えられるが
ここは先行有利なコースに良枠、若手がペース無視で逃げる可能性も
極めて低く強力な外人騎手も居ない。
動きも文句なしで、武の独壇場だろう。
相手本線にこちらもベテラン騎乗のアンジュデジール
京都のJBCレディクラシックでは鞍上のファインプレーと思ったが
続くGIでも果敢に先手をとって4着。
このメンバーでは力上位は明確で、一週前にきっちり追い切って
今週は終い重点で理想的な仕上げか。
JBCで並んでからの強さもあり、今回はベテラン騎手同士なので
武と無駄な先行争いはせず出たなりでどちらかがペースを作るか。
いずれにしろ直線で競れればチャンスはこちらにきてもおかしくない。
あとはチュウワウィザード
レースセンスが良い馬という感じで4歳勢の中でも面白い。
また前走、地方の長丁場を経験したことを好意的にプラスにとりたい。
フェブラリーなどを見ると地方の中長距離から短縮の方が
圧倒的にアドバンテージがあるので。

ブログランキングに参加しています
にほんブログ村 競馬ブログ 馬体・パドック理論へにほんブログ村 競馬ブログ 追い切り重視へ
競馬ブログランキングへ

ポチっと押してね! ☆(ゝω・)vキャピ

Category: 競馬予想

TB: 0  /  CM: 0

top △

京都金杯+中山金杯_2019予想 

新年あけましておめでとうございます。
個人的には年度末は競馬は当たっておりましたが
体がいろいろ悲鳴を上げており、完全に歳ですね。。。

京都11R
京都金杯
◎グァンチャーレ
○リライアブルエース
▲パクスアメリカーナ
△サラキア

動きのよさそうな馬
リライアブルエース>グァンチャーレ>トゥラヴェスーラ>サラキア

えっと、パクスアメリカーナから入る予定でしたが
一週前も年末も直前追いも、あまりよく見えません。
前走が休み明けで完勝、疲れが出るようなレースでは無かったと思いますが
年末の追い切りでもラスト以外はかなり遅いです、
個人的には中内田厩舎の追いきりは好ましい系統ですが
中間を考えると押し材料は無いです。
本命にはグァンチャーレ
京都阪神以外では買ってはいけない馬ですので前走はびっくりしました
それも上がり勝負です。東京での上がりに限界があるタイプでしたが
凄い接戦をモノにしたなぁという印象しかありません。
今回はマイコースの京都、56.5の0.5キロが少し気になるが
内枠好位で進出できそうなの本命に。
相手本線にリライアブルエース
条件戦で戦ってた頃から調教時計が競馬につながるタイプ。
正月競馬は馬作りが難しいが、経験値の高い厩舎を信頼したい。
動きに関しては二週前一週前当週とかなり良い。
ただし鞍上が不安。
単穴にパクスアメリカーナ
動きがよく見えず無印も考えたが、前走くらいの体調なら
アッサリもあるのかと思うと切れない。
前走は圧巻の部類だし3歳春の時点で1:33.5の時計もあるし
この時期ならまず問題はないし中内田x川田で鉄板の可能性もあるが・・・
いずれにしろ頭で買えるような感じではない。
買う予定はなかったがサラキアにも印を追加。
1頭桁違いの馬が居たとはいえ明け4歳牝馬世代も強い世代かと思う。
ローズと秋華の上がりが言われるが、問題は出遅れ癖
今回は久しぶりの偶数枠だし改善できれば面白いか。
いずれにしろ京都金杯は内枠有利である程度前に着けていた方が良い。

中山11R
中山金杯
◎エアアンセム
○マウントゴールド
▲ランガディア

動きのよさそうな馬
タイムフライヤー
全体的に動きが低調な中でタイムフライヤーだけ絶好調感あり

タイムフライヤーは取り捨てが難しい。
時期的にホープフルの頃と今の馬場は近いものがあると思うが
中山最終週と明け中山初日、これは明らかに違う。
というかCWで良く動くしダートとか、菊も悪くなかったので
長距離を使ってあげて欲しい。

本命にはエアアンセム
勝ち身に薄いが中山巧者で脚の使い方が上手い。
内の馬が良く展開で、そこそこのペースで行ってくれれば雪崩れ込みでどうか。
上がり勝負になるくらいなら田辺には動いてほしい。難しいだろうか
相手本線にマウントゴールド
休み休みしながら明け6歳、重賞も手に届きそう。
今回は56キロは仕方ないしデムルメが居ない状況で武なら人気も頷ける。
番手から抜け出してドコまでもつか。
中山適正に関しては可もなく不可もないか。こちらも上がり勝負は避けたいか。
一応抑えにランガディア
前走は1600万下でも強メンバーのハンデ戦を上がり勝負で決めた。
印を打った2頭とは違い上がり勝負に持ち込みたい派で
この時期の中山が合うかは微妙な線、ここは中山が上手い北村頼りになる。

正直、動きのいい馬が多い京都金杯と
外厩のせいかパッとしない動きの馬ばかりの中山金杯といった感じ
正月競馬は仕上げが難しいが毎年の事なので何として欲しい。

ブログランキングに参加しています
にほんブログ村 競馬ブログ 馬体・パドック理論へにほんブログ村 競馬ブログ 追い切り重視へ
競馬ブログランキングへ

ポチっと押してね! ☆(ゝω・)vキャピ

Category: 競馬予想

TB: 0  /  CM: 0

top △

有馬記念_2018予想 

あと一週間ちょっとで今年も終わり
以前なら有馬記念はオーラスとか言いつつ
わりと自由気ままなお楽しみ馬券的な気分で買ってた気がする
それが有馬の後にも競馬開催日が出来て、モヤモヤ
競馬村でもモヤモヤするらしいんで、マジで考え直せやJRA

中山11R
有馬記念
◎レイデオロ
○サトノダイヤモンド
▲シュヴァルグラン

動きのよさそうな間
ミッキーロケット>サトノダイヤモン、パフォーマプロミス
一週前
ミッキーロケット、サトノダイヤモンド
年度末に近いだけあって、仕上げ度に少し差が出ているように見える
ローテーション的に余裕がある馬、無い馬
絞りにくい時期だけにある程度強く追わないとダメな馬もいるし
寒い時期だけに仮にば体重が減ってきたら警戒した方がいい

本命にはレイデオロ
捻りなしというかオールカマーから秋天を使ってのローテ
無理が無いし中山を経由してる点も理想的
また同馬はダービー馬であるが中山を得意としている一頭で
崩れたのは3歳の皐月賞の一戦のみ。これはまだ自在性がなく
後方からの競馬でなすすべなく敗れ、ダービーは押し上げて勝っている。
皐月で負けたからこそ自在性を身に着けたといえ、
同馬はそういう負けレースで得て強くなってきたフシがある。
経験値を考えると鞍上ともども一番手と見た。
相手本線にサトノダイヤモンド
一昨年前の有馬勝ち馬の同馬だが、皐月賞は3着
有馬はリピーターも多く、ここ二週の動きよく
ラストランで決めかねない仕上げのように思える。
また同馬騎乗のアヴドゥラ騎手は少し癖のある中山の芝コースを
上手く乗れており、好印象。大一番で流れがどうなるか分からないが
内枠を有利に使って欲しい。
単穴にシュヴァルグラン
JCは驚異的なスピード決着で掲示板、正直あれは速すぎた。
考えてみれば去年の有馬は二度目で、キタサンが自分のペースで
押し切ったレース。あの競馬で3着はかなり優秀な部類だと思う。
去年と同様外枠になったが、あのレベルの馬が居ないのであれば
順番が回ってきても何ら不思議ではなく、鞍上とのコンビも頼もしい。

わりと簡単に本線と相手を選んで単穴は枠順でかなり悩んだ。
有馬は脚質にもよるが内枠が有利な面もあるし
その日の馬場にもよるが、差し競馬になる時もあるレース
条件的には無理の無いローテと仕上げ
あとは流れ次第か

ブログランキングに参加しています
にほんブログ村 競馬ブログ 馬体・パドック理論へにほんブログ村 競馬ブログ 追い切り重視へ
競馬ブログランキングへ

ポチっと押してね! ☆(ゝω・)vキャピ

Category: 競馬予想

TB: 0  /  CM: 0

top △

朝日杯フューチュリティステークス_2018予想 

ちょっと体の調子が良くない
夏の後、体調を崩したあたりから下痢やら便秘が続いて
完全に体調管理を失敗
ずるずる尾を引いて・・・って感じでここにきてグタグダに。。。

阪神11R
朝日杯FS
◎グランアレグリア
○アドマイヤマーズ
△ケイデンスコール

動きのよさそうな馬
クリノガウディー>>アドマイヤマーズ>ファンタジスト
一週前ファンタジスト
ファンタジストの坂路時計を見る限りはかなりのスピード型に映る
もしくはダートも走るのかも知れないが、
この先、いずれ距離の壁にブチあたると思われる。
それが1600なのか1800mなのか2000mでもこなすのかは分からない。
正直、中山開催の頃であれば面白そうだなと。
グランアレグリアに関しては古馬と合わせて軽快な動きで及第点か。

本命にはグランアレグリア
正直牝馬が特別好きなわけでも無いし、変な期待はしていないのだが
近年を振り返り、ミスエルテもファンディーナも買っていたが
今回もデータの強い後押しで牝馬から入りたいと思う。
まず朝日杯のローテだが、阪神開催に代わり
サウジアラビアロイヤルカップ>デイリー杯>京王杯
前は東京スポーツ杯とかもあったのだが、暮れのホープフルがGI昇格で
偏りが出始めてる。正直いえば東スポ杯の上位組が出ていれば
かなりハイレベルになるであろうと思うが
間違いなく以前よりもレースレベルが下がっているように思われる。
最重要ステップを圧勝しており、ルメール騎乗を考えれば軸しかないと思う。
怖いのは出遅れ
対抗にはアドマイヤマーズ
ダノンファンタジーではないが、例年であればこちらが主役候補だろう。
3戦無敗でデ杯勝ち。将来をすでに約束されたようなものだが
グランアレグリアに比べると華が無いという感じ。
切れ脚もあるがレースぶりが上手く前々で勝負できるレース巧者
前走はスローから前々で進み切れ味勝負で牝馬に押し負けそうにみえたが
並んでからが強かった。ズバッと追い込んだり突き放す強さではないが
芯のある走りは崩れにくいように思える。
デ杯二着のメイショウが阪神JFで6着
ここだけ見ると力差比較が分かりにくいが、阪神JFは後方からの馬が1-4着で
逃げたのはテン乗り外国人騎手、これと競る形で6着に居るという
見る視点を変えればかなり頑張ってるという印象である。
休み明け+12キロでこれを競り落としたあたり、Aマーズも只者ではない。
また土曜競馬を見る限りは馬場は先行が残し気味で内枠もまだまだ走れる。
自在感の高そうな馬であり勝負根性も高く逆転候補だろう。

あとはローテ的に一頓挫あったケイデンスコール
スピード馬をよく出す安田厩舎らしく坂路で仕上げてきており走りは良い。
ただ新潟の末はすばらしいが今の阪神は後方一機は難しいように思うし
かといって中段あたりにつけると切れない可能性もある。
新潟2歳Sがハイレベルになる時もあるが、最近はそれほど高くなく
割って入れるとは思えない。
血統構成から母系は息の長い活躍馬が多く、先先で期待したい。

ブログランキングに参加しています
にほんブログ村 競馬ブログ 馬体・パドック理論へにほんブログ村 競馬ブログ 追い切り重視へ
競馬ブログランキングへ

ポチっと押してね! ☆(ゝω・)vキャピ

Category: 競馬予想

TB: 0  /  CM: 0

top △

エリザベス女王杯_2018予想 

先週は暑いくらいだったか今週は一気に秋へ

京都11R
エリザベス女王杯
◎アドマイヤリード
○カンタービレ
▲レッドジェノヴァ
△フロンテアクイーン
△リスグラシュー

動きのよさそうな馬
アドマイヤリード、Rジェノヴァ>カンタービレ、スマートレイアー
ノームコアに関しては判断しづらい
最近、外厩から戻して馬なりで調整して本番へ、という
それ調教師としてどうなんだ?みたいなのがある。
競馬紙のトラックマンとかは外厩まで見に行くのは稀だし
もう調教過程でどうこうみるのは難しい時代かもしれない。

本命にはアドマイヤリード
展開を考えるに行きそうな馬はいるが走り慣れない2200mという事で
ペースは緩めが考えられ途中で動く馬がいるだろうが、
スローを想定したい。オークスしか2000m超えの距離経験がないが
ヨーイドンに近い上り勝負ならばマイルGI馬のアドマイヤリードでどうか。
動きがよく府中牝馬を叩いて上り調子。
京都外回りに絶対的な実績がある同馬は坂の使い方もうまい。
相手本線にカンタービレ
秋華賞上位組は例年安定した結果で、またローズSとの連動もある。
勝ち馬が完全に抜けてたとはいえ世代TOPクラスは間違いなく
あとは古馬との力比べか。京都外回りは2戦2連対。
さて例年のデータを紐解いていくと、まずローテ
府中牝馬Sと古馬混合重賞組
前年の2着馬のローテと近いレッドジェノヴァ
札幌で条件戦を勝ち上がり古馬重賞で即通用し一気に来るパターン
前走から+2キロとなるがギリギリ許容できるし
あとは流れ次第か。また栗東に滞在していたのも魅力の一つ
あとは最重要ステップの府中組
上り勝負になりやすいのか切れ味の多いのが多いが
1着馬はここを回避したので2・3着は押さえておきたい。

正直、5頭に印を打ったが、頭数を絞れない時点で自信無し
ノームコアは乗り手プラス紫苑Sだろうとは思うが
過剰人気の部類だと思う。動きは上記に書いたが判断材料にしにくく
秋華賞を飛ばした3歳馬のローテも良い印象が無い(過去にあるかどうか
また中山のパフォーマンス自体は評価するが、中山のコースと
京都外回りでは全然違うし、そこら辺も気になる。
パドック次第で印の5頭に問題があれば入れ替えるが、どうするか
異例ローテなのでデータが通じず分からない。

ブログランキングに参加しています
にほんブログ村 競馬ブログ 馬体・パドック理論へにほんブログ村 競馬ブログ 追い切り重視へ
競馬ブログランキングへ

ポチっと押してね! ☆(ゝω・)vキャピ

Category: 競馬日記

TB: 0  /  CM: 0

top △

2019-01