Admin   Newentry   Upload   Allarchives

燃えよムチ

馬を見る目はありますが人を見る目はありません

カテゴリー「競馬予想」の記事一覧

函館スプリントS_2018予想 

今年も函館で気分一新
正直、春競馬は冬に思い描いたような流れにはならなかった。
クラシック世代に関しては前年比から考えると降級組とやりあえてるし
出だしは良いと思う(去年は秋競馬入口まで3歳馬は苦戦傾向
というか、降級制度は今年いっぱいで来年からはどうなるのであろうか?
日本競馬を支えていた一つの仕組みであり改悪と思われる。

なお、昨日のHTB杯で一点買いに成功したので
函館開催分はすでにプラス収支になるのではないかと思う。

函館11R
函館スプリントステークス
◎セイウンコウセイ
○キングハート
▲ワンスインナムーン
×エポワス

動きの良さそうな馬
ダイアナヘイロー、ワンスインナムーン、ライトフェアリー
函館滞在での調整であり、ほぼ全馬問題なし

函館・札幌は洋芝適性がモノをいうのは毎年やってる人は分かると思う。
洋芝経験が無い場合は芝重成績でもある程度は予測可能。
今回は軽量3歳馬が居らず、前年のように割って入られる危険性は低いか
なお去年はセイウン-エポワスが本線

今回は武騎手が参戦する事でワンスインナムーンの石橋との兼ね合いもあるが
ある程度のペースで行くが、ほどよく落ち着きそう。
去年も書いたがセイウンコウセイは芝重成績もよく、
前年は2・3着馬とコンマ1秒差の4着。洋芝適性はあると考えたい。
開幕週に1枠スタートで昨年1番人気の汚名を挽回して欲しい。
相手本線に前年2着のキングハート
芝重成績が極めてよく去年も高速決着で善戦。勝ち馬との差は斤量と思われ
能力的にも衰えは無く適性値で他馬を抜く。今回も十分射程圏内か。

あとはGI3着馬ワンスインナムーン
複数の競馬場で高速競馬を経験している事、半弟ディバインコードが
土曜のメイン1200mで二着。ワンスの父はアドマイムーンで洋芝適性が高く
条件的にはかなり良い。秋のスプリンターズSが目標だろうが
賞金を考えると重賞の勝ち負けは絶対に必要で、一発でクリアしておきたい。
あとはメンバー屈指の洋芝適性持ちエポワス
去年はこことキーンランドで厚めの印を打ったが、今年は10歳での参戦。
セン馬は競争能力が衰えにくく海外でも高齢の去勢馬は割といる。
正直、ここは悩む。去年は狙い撃ちが出来たが一戦見ておきたい気もするし

ブログランキングに参加しています
にほんブログ村 競馬ブログ 馬体・パドック理論へにほんブログ村 競馬ブログ 追い切り重視へ
競馬ブログランキングへ

ポチっと押してね! ☆(ゝω・)vキャピ

Category: 競馬予想

TB: 0  /  CM: 0

top △

安田記念_2018予想 

そろそろ暑くなってくるはずだが、まだ余裕を感じる。
昨年晩秋、隣家の解体後以降、室外機から異音がするようになったエアコン
これで夏を乗り越えられるのだろうか・・不安。

新築に引っ越してきて隣家の室外機が爆音とかサイテーですよね・・・
どうしたもんかな
除湿は問題なかったんだけど、クーラーだとどうなのか

東京11R
安田記念
◎リアルスティール
○スワーヴリチャード
▲ペルシアンナイト
△レッドファルクス

動きの良さそうな馬
リアルスティール>ペルシアンナイト、スワーヴリチャード
>レーヌミノル、レッドファルクス
本追い切りが他馬と違うサングレーザーは今回も軽視で

先に書いて置くけどデータ派は正直ここは四の五の言えない
多くのデータからマイルよりも長い中距離を主戦場にしていた馬の方が
明らかに良いパフォーマンスを発揮する舞台だからだ。
というかマイルCSやNHKマイルもそうだが、中距離馬>マイル馬の図式
生粋のマイル馬なればこの方程式に当てはまらないが
そんな馬はそうは居ない。
本命にはリアルスティール
メイダンでの走りを見るに6歳になったが去年あまり使えていないので
力の翳りみたいなものは感じない。また前年一昨年を通しても
かなり良い状態であろうと思われる坂路調教を見るに、まず勝ち負けか
正直メンバー構成からペースが速くなりそうな気配はなく、
またテンから飛ばす馬や1番人気のタイプからも、ある程度落ち着くと思われる。
方々で言われるが、上り勝負の可能性が高い。
当馬は前年の毎日王冠勝ち馬で同舞台設定を加味すると
その持てるパフォーマンスを出せば、十分勝ち負け出来ると思われる。
気になるのは一昨年と同じ臨戦過程。
2番人気で大敗を喫しているが、あの時のロゴとモーリスの前前競馬は
かなりのハイレベルであり、当時の同馬では対処しようが無かったと思われる。
レースの流れがアレほどキツくなる事は考えにくく
1番人気スワーヴリチャード次第だが、流れはリアル向きと思える。

対抗というか二番手評価は、そのスワーヴリチャード
前項でペースと展開を書いたが、レースは1番人気のデムーロ次第だろう。
大阪杯の様な出だと、周りもどう動くか予想しづらいが
可も不可もない感じであれば番手から中盤にはいるはずで、こうなると隊列は
落ち着くと思われる。この形に持ち込めれば後は距離適性よりも
上り勝負に持ち込みやすく、同馬の左周りでの上りは安定している。
極限の様な上り勝負になれば分からないが、マイルであっても通用するだろう。
恐いのは全体に速く流れた時だけだと思う、仮に前走のように出遅れても
全体的にフワフワしたペースになれば、また同じような事になると思う。

力勝負的には主戦場を2000mあたりに置いたGI連対クラスの実績馬
この条件で十分だと思う。
あとは近い条件にいるのがペルシアンナイト
リアルと同じく皐月賞2着で古馬混合中距離GI2着、安田やマイルCSに
直結する実績持ちといえ、ここでも人気
中間の動きは良く、過去二回の休み明けとはデキが違うように感じる。
まぁ間隔が違うのだが。
あとはレッドファルクス
正直、想定している流れだとマイルから短距離よりの同馬では苦しい。
ただし去年のレースよりも明らかにキツイ展開は考えにくく
極端なレースよりも上りが決め手になるのなら届くかもしれない。
去年のロゴは前々年同様かなり高度な走りをしており
結果、後方からの馬が1・3着している稀なケース
ただ、レッドが届く様な展開だと、印を打った馬がいるかどうか・・・

ブログランキングに参加しています
にほんブログ村 競馬ブログ 馬体・パドック理論へにほんブログ村 競馬ブログ 追い切り重視へ
競馬ブログランキングへ

ポチっと押してね! ☆(ゝω・)vキャピ

Category: 競馬予想

TB: 0  /  CM: 0

top △

日本ダービー2018予想 

断然人気が予想された馬が皐月賞を回避し
ダービーに出走する。それも断然の1番人気で
ダンスインザダークを思い出すな、間にプリンシパルSを使ったが・・・

東京10R
日本ダービー
◎ダノンプレミアム
○ブラストワンピース
△ジェネラーレウーノ
△サンリヴァル

動きの良さそうな馬
ブラストワンピース>サンリヴァル、ダノンプレミアム>
>アドマイヤアルバ、ジェネラーレウーノ

大一番なので動きが良い馬が多いだろうと予測してたが、拍子抜け。
上に書いた馬は、GIへ出る馬として恥ずかしくない仕上げとみる。
正直言うと買いたいと思っていた馬が2・3頭ぜんぜん動けてない。
NHKマイルでケイアイの動きを見て見送ったので大きなことは言えないけど
それでもGIではある程度動いてる馬か、
もしくは一週前とかにきっちりやって当週は終い重点とかにしてほしい。

本命にはダノンプレミアム
皐月賞回避の件は、追い切りの本数を中間見ていたので
3月時に何かしら一頓挫あったと知っていたので、そこから再スタートで計算。
二週前一週前当週、ほぼ理想的な仕上げで、態勢は整ったとみる。
また休み明けの場合、息使いどうのの不安もあるが
手術明けとかでは無いし、そこまで心配する必要はない。
問題は距離と展開。1枠に入った事である程度のマークが来るのは予想されるが
既にこの時点で川田側からすると楽なのかもしれない。
競馬の視点は前に行ったものが自分のペースを作れれば、かなり強い。
いわゆる「横綱競馬」がそれで、武に変わった後のキタサンのGIがそれにあたる。
展開に左右される恐れが少なく不利や何かしらのアクシデントの可能性も少ない
最後に血統面での距離に関して書いて置く
母の父系にレッドランサムがおり、気持ち早熟の傾向が有り、距離の壁がある。
が、3歳の現時点であれば、調子の良さと気性の良さでカバーできると思う。
相手にブラストワンピース
負け知らずとは言え、人気し過ぎな気もするが、東京遠征も経験済みで
完勝の毎日杯2着馬がNHKマイル2着。
本番と同じ東京24も勝っており、そら人気するわって感じかな。
皐月組よりも調整に余裕が有り、きっちり作られた動きは
同じく調整過程に結果的に余裕が出来たダノン同様、すこぶるデキが良い。
正直人気二頭で固いと思う。
あとは荒れたとはいえ、皐月上位馬を買いたいが
エポカドーロを当初考えていたが追い切りがあまりよくなく、皐月と比べても・・・。
勢いのある藤原厩舎だが、三連続関東遠征とはいえ温いと思う。
皐月2・3着馬を買いたい。
ジェネラーレウーノの皐月は、強引に飛ばした3頭の一角で、普通は残ると思えず
最後まで頑張ってる点を顧みれば、相当強い。
中山適性もあるが、あぁいうペースでの踏ん張り度が良い。個人的に好きな部類。
ただしダービーはあの流れになる可能性は極めて低いが
上り勝負で無く底力的なモノを求められた場合割って入るかもしれない。
今の東京は時計が良く、正直上り勝負だけにはならないと思うが・・・
サンリヴァルは鞍上変更が少し不安だが、皐月2着は仕掛けのタイミングもあるし
母系にオークス勝ちウメノファイバーと、地味に距離への適性を感じる。

今年はデータ的にいろいろ使えないというか
皐月賞が荒れ気味で、折り返しにGIIへ転戦していれば力関係も少し見えたが
いまいち別路線組との力差が分からない。
皐月本命馬の回避といえばフジキセキが有名で
同馬はそのまま種牡馬入りし、
状況的には熱発で回避したダンスインザダークが近いか。
ダンスは東京を走らせるために急きょプリンシパルに参戦し、そこを完勝し
本番は断然人気で2着。このパターンに近いのかもしれない。
ただし当時の武はダービー未勝利であり、川田は既にダービージョッキーである。
やはり、かなりレアなパターンだが、鞍上も入れると勝ちそうに思う。

ブログランキングに参加しています
にほんブログ村 競馬ブログ 馬体・パドック理論へにほんブログ村 競馬ブログ 追い切り重視へ
競馬ブログランキングへ

ポチっと押してね! ☆(ゝω・)vキャピ

Category: 競馬予想

TB: 0  /  CM: 0

top △

優駿牝馬-オークス-_2018予想 

金曜の夜の蒸し蒸し度が嘘のような爽やかな日曜
梅雨時期だけに雨を心配したけど・・・(雨でも良かったんだが

東京11R
◎リリーノーブル
○ラッキーライラック
▲アーモンドアイ
△パイオニアバイオ
△カンタービレ

動きの良さそう馬
リリーノーブル>シスターフラッグ、カンタービレ>オハナ
見た目だけなら
リリー、ラッキー、アーモンドアイ
カンタービレとパイオニアバイオ
オハナは中間軽めで最終追いで一杯と牝馬と考えると、やりすぎ感あり

まず桜花賞の反省はアーモンドアイ
ローテーションを嫌ったのと一週前と当週の調教が霧で見えず
遠征馬という事もあって評価を落とした点。ただしあの脚は一級品だと再認識
問題は1600mで追い込めたからといって2400で通用するかは疑問だ。
ただしオークスは桜花賞の人気・実績馬が結果的に走っており
競走馬のその後を考えても距離的に長くてもオークスで通用した例は多い。

本命にはリリーノーブル
正直、頭は無いと言えるが相手なりに能力を出せる点
川田がその能力を引き出しやすい点を考えるとこの距離でも上位か。
また中間の動きも良く最終追いは軽快に時計も出ており死角は少ない。
血統からも距離への融通性を感じるし東京コースに変わるのもプラス
相手一番手にラッキーライラック
桜花賞は断然の一番人気で抜け出したところを交わされたが
位置的に並ばれたわけでも無く1600mでのレースとしては文句なしのレース
オークスへの通過点としても申し分なく
血統背景からも距離への対応は可能で本来であればこちらを本命視したい。
ただし後述するが、桜花賞は負けたがそれまでのレースでの絶対性から
1600mのパフオーマンスがそのまま800m伸びても出せるかは微妙
桜花賞とオークスの連動性は絶対的な能力が距離適性を凌いだ結果と思うが
それでも力差関係が逆転する事は多い。
同じことがアーモンアイにも言えるが、血統背景が少し異なる
アーモンアイは新種牡馬ロードカナロア
カナロア自体はキンカメ産駒になるがサラトガデューとストームキャットの
アメリカ系スピードが強く、ここがトニービンの入るルーラーシップと違う所
母にフサイチパンドラという三冠すべてを走り3歳でエリ女を制したタフな血が入るが
絶対的な距離への不安が付きまとう。
ただ距離への適性は父と母父、特に母父の距離適性に影響されやすく
桜花賞の人気・実績からもアーモンアイを消すのは危険か。なので単穴指定に。
あとはフローラS2着のパイオニアバイオ
この東京の先行有利と言えるオークスTRだが、ここを強烈な差し追い込みで勝ち
本番を沸かす馬も多いが、それと同じくらい先行した組が穴を開けるも多い。
これは距離への融通性というか折り合いの点で他馬よりもオークス適性が必要
フローラ組のその後を見ても2000mを超えて使われる事が多く
ある程度の目算が立つのが結果先行し残した馬と言える。
中間を見る限り上積みもあり距離適性で食い込みたい。
後は坂路で真っ直ぐ昇っていたカンタービレ
3頭出しの角居厩舎のディープの一角
トーセンブレスが桜花賞4着なのでワイド圏に来れる可能性がある・・・
が、馬体が軽めで遠征を考えると不安。パドックで馬体を確認したい

サトノワルキューレに関してはフローラSは完勝の部類だし
昨日の平安Sを出すまでも無くデムーロ騎乗で、1・2馬身は稼げると思う。
ただ前走時もそうだが今回も輸送を考え作りは緩め
同厩のカンタービレはローテが違うのもあるが調子は上げているし
同フローラS組のパイオニアも美浦とはいえ中間、一杯追い切りで仕上げ
角居調教師なので出来落ちは無いと思うが上積みまではどうか。

ブログランキングに参加しています
にほんブログ村 競馬ブログ 馬体・パドック理論へにほんブログ村 競馬ブログ 追い切り重視へ
競馬ブログランキングへ

ポチっと押してね! ☆(ゝω・)vキャピ

Category: 競馬予想

Thread: 競馬予想 - Janre: ギャンブル

TB: 0  /  CM: 0

top △

平安ステークス_2018予想 

夜の雨は完全になくなって昼前からけっこうな強風
淀の馬場、芝ならハッキリいって問題ないがダートだと時計が出る

京都11R
平安S
◎テイエムジンソク
○グレイトパール
△ミツバ
△クインズサターン

動きの良さそうな馬
テイエムジンソク> マイティティー、サンライズソア>クリノ

馬作りに関していうと中内田のグレイトパールの方が分が良いと思うが
フェブラリー大敗後からのジンソクの走りに期待したい。
前夜の雨で絞まった馬場を考えれば強風と言えど前は止まらず
ある程度速い時計が想定される。グレイトパールが早目に仕掛ければ
全体が動く可能性もあるが、このG3程度だとそれほど焦る事は無いだろう。
位置的に前が有利と判断する。
いずれにしろ持ち時計もペース次第とはいえ、上位二頭は抜けている感あり。
3番手4番手は流れ次第の面もここが焦点か
まず最内に入ったミツバ
交流GIで3着と4着が一回あり前で競馬も出来るので安定度は高く
前走アンタレスSで高速決着で時計の速いのにも対応している。
ただし中央重賞というと前走で初の連対と、地力では第二グループか
この第二グループの中ではクイーンズサターンも中央重賞で連対が有る。
関西馬だが京都は2歳時に一走したのみで、久々でどうか
仕掛けどころ次第では二強に割って入れる可能性もあり、伸び行く5歳馬だ

ブログランキングに参加しています
にほんブログ村 競馬ブログ 馬体・パドック理論へにほんブログ村 競馬ブログ 追い切り重視へ
競馬ブログランキングへ

ポチっと押してね! ☆(ゝω・)vキャピ

Category: 競馬予想

TB: 0  /  CM: 0

top △

2018-06