Admin   Newentry   Upload   Allarchives

燃えよムチ

馬を見る目はありますが人を見る目はありません

カテゴリー「競馬予想」の記事一覧

フェブラリーS+小倉大賞典_2018 

フィギュア金銀ワンツーとか凄いね
男子でこういう日が来るとか、10年前には想像も出来なかった。
羽生君は前回大会で王者を追う立場で、王者は足を痛めていた事を思うと
4年後の今回、こんなドラマがまっていようとは現実はドラマ以上。
あれは日本中で泣くわ、感動だわ
宇野君は絶対エースとフェルナンデスのあとで追い詰められた状態から
ワンミスをしてしまうが盛り返した。後半で高難度を連発すると点が伸びる伸びる。
昔のフィギュアとか転んじゃうともう点数がダメというか、そういう時代もあったし
今の加点方式の方が逆転もあり公平性があるんだろうか。
いずれにしろワンツーはめでたい。

競馬界で世界クラスでのワンツーとなると
メルボルンCのデルタブルースとポップロック
ドバイワールドカップのトランセンドとヴィクトワールピサ
前者はディープインパクトが凱旋門でドーピングに引っ掛かった後で
競馬界的に手痛い時期で、日本競馬界に明るい勝利をもたらした。
後者は東北での大震災で多くの死傷者が出た後で、
これも日本にとって大事な励みになったように思う。

てか女子カーリングが負けた後だったので、
フィギュアもダメなんじゃないかなぁって思ってました。びっくりだよ

東京11R
フェブラリーS
◎ゴールドドリーム
○テイエムジンソク

動きの良さそうな馬
ゴールドドリーム>レッツゴードンキ
>ケイティブレイブ、テイエムジンソク>アウォーディー、ロンドンタウン

坂路一番時計を出してきたゴールドドリームに◎
チャンピオンズカップはデムからムーアに乗り替わりで印を落としたが
結果的にはムーアはダートも強いと再認識
今回は相性のいい走り慣れた好条件でもあるが、これだけ調子が良ければ
追走も楽だろうしなんなら中段より前で進めても良いと思う。
対抗にはテイエムジンソク
チャンピオンズカップはコパノリッキーというレース巧者とガチンコが考えられ
まともに競り合うと潰れるかと思ったが、逆に競り落としていた。
前走東海Sも絶対的に人気とマークを受けたが力で押し切り勝ち。
類まれなる勝負根性の塊のようで期待が高い。
今回は初コース初距離となるが、気性から短くなる分は問題ないと思うし
前で引っ張ってくれる馬がいれば気も楽になるように思う。
動きの良いケイティも気にはなるが同馬は16より2000での好走が目立ち
陣営の話では行きたいようなので、この距離でマークされるとキツイかと

小倉11R
小倉大賞典
◎トリオンフ
○ダッシングブレイズ
△スズカディヴィアス

動きの良さそうな馬
スズカデヴィアス、タイセイサミット
>ダッシングブレイズ、ケイティーブライド、ヤマカツライデン

準OPからの昇級のハンデ戦、この条件では不安もあるがトリオンフに◎
川田騎手が当該レースと相性がいいのもあるが
セン馬になってからの安定度は高く、当馬も期待の4歳馬で先が楽しみ。
実績的にダッシングを買いつつ
前走うまくレースをしていたスズカデヴィアスでどうだろうか

ブログランキングに参加しています
にほんブログ村 競馬ブログ 馬体・パドック理論へにほんブログ村 競馬ブログ 追い切り重視へ
競馬ブログランキングへ

ポチっと押してね! (「・ω・)「がおー

Category: 競馬予想

TB: 0  /  CM: 0

top △

京都牝馬SとダイヤモンドS_2018 

データ的には実績重視で良いと思うが

東京11R
ダイヤモンドS
◎リッジマン
○ホウオウドリーム
△レジェンドセラー
△フェイムゲーム

動きの良さそうな馬
ホウオウドリーム、リッジマン、ハッピーモーメント>トウシンモンステラ
なお長距離戦、とくに厳寒期の仕上げという事もあり
通常距離ならある程度のプラスは許容範囲(絞り難い為)であるが
当該レース等ではあまり太り過ぎると良くない

本命には格上挑戦のリッジマン
相性のいい万葉Sからの臨戦過程で、ハンデは52と添え置き
母父カーリアンの血か距離への融通度が高くOPが見えてきた。
また先週の馬場を見る限りは東京は極端な馬場になっており内枠有利とみる。
なおダイヤモンドS,データ的には小頭数で行われる際は
大外枠でも外枠有利のデータあり。
相手にはホウオウドリーム
長目長目を使われてきており適性的には3400mはギリ対応可能だろうか。
いずれにしろ先週の馬場傾向から前目・中段にしろ後方にしろ速い上りが必要。
3400mの長丁場だけに上り時計を求められるか分からないが
経験値のある馬は後方待機組が多く、ここはスローで上り勝負だろうか。
33秒の上がり勝負は無いと思うが軽量の格上挑戦馬の一角で恐いと思う。
あとは中長距離で飛躍が期待される4歳レジェンドセラーに
長距離で断然の実績を持つフェイムゲーム
フェイムは動きと時期を考えると馬体重の増加は間違いなく、絞れないと思う。
470台でも走ってはいたが、基本は450台半ばのはずで重いはず
アッサリもあるだろうが押さえにまわす

京都11R
京都牝馬S
◎ワンスインナムーン
○ソルヴェイク
△デアレガーロ
△ミスパンテール

動きの良さそうな馬
ソルヴェイク>ワンスインナムーン
ヴゼットジョリー、エンジェルフェイス>オーヴイレール

普通に考えれば牝馬マイルGI戦で掲示板のソルヴェイクは揺るがない。
ただし前走の止まりっぷりは気にはなる。
が、動きがよくメンバーを見てもそう速くなりそうにもなく、鞍上デムーロ
1200m戦へシフトして走ってはいるが1400-1600mでも持つはずで
馬場が悪くなってきてはいるが、前前でうまく立ち回れると思う。
一応対抗にしておく。
本命にはワンスインナムーン
一昨年、石橋に乗り替わってから馬が変わったと言え、GI、GIIで
きっちり自分の脚を使う走りで善戦を繰り返している。能力的に非常に高く
またある程度の緩急に対応しやすく逃げも出来る感じ。前年の同レースも
上手く自分の競馬をしており、海外遠征で減った体重も戻っているようで
今回も自分のレースをすれば結果は付いてくると思う。
あとはミスパンテールとデアレガーロ
前者はハンデ戦二つを連勝。能力は認めるものの重賞勝ちで今回は55キロ。
大きな馬だがハンデ戦上りはアテにし辛い。
デアレガーロは中山の準OP勝ちで関西初遠征。
池添もテン乗りになり、切るに切れない感じ。

ブログランキングに参加しています
にほんブログ村 競馬ブログ 馬体・パドック理論へにほんブログ村 競馬ブログ 追い切り重視へ
競馬ブログランキングへ

ポチっと押してね! ☆(ゝω・)vキャピ

Category: 競馬予想

TB: 0  /  CM: 0

top △

朝日杯フューチュリティステークス_2017予想 

ターコイズS買えばよかった。
師走に多いんだけど、買おうかな、どうしよう
有馬が近いんで出来るだけ集約させたいな
今回は見送るか・・・→ドンピシャ
阪神カップとかでも多いし、過去にもこの時期見送りで何度やってしまったか
三連で万馬券とか、もうさ
馬連もワイドも三連も全部取れてそうな、というか3頭しか見えてなかったという。

阪神11R
朝日杯FS
◎タワーオブロンドン
○ダノンプレミアム
△ダノンスマッシュ
×ケイアイノーテック

動きの良さそうな馬
ケイアイノーテック>Dプレミアム、タワーオブロンドン
>Dスマッシュ、フロンティア、ダブルシャープ
見た目だけなら
タワー
一週前は
Dプレミアム、Dスマッシュ、ダブルシャープ

本命にはタワーオブロンドン
中間、前走、前々走と課題も見えたが厩舎力と騎手力で対応しており
好感が持てる。気になるのは距離だろうか
走法や馬体を見る限りは1400mまでには思えず、過去4戦で
ハイからスローと経験し、経験値的に融通は利きそう。
同世代最初の大舞台だが、500キロの馬体は強みに思える。
相手本線にダノンプレミアム
新馬戦・サウジアラビアRCを圧勝。時計云々は結果であるが
東京1600mで見せた能力はクラシックへの期待が膨らむ一戦だった。
動きは一週前できっちり作り、今週は軽めで調整
中内田厩舎はGIは2着までで、今回GI獲りになるかどうか。

今年の2歳戦を見るに例年より確実にレベルが高い様に思う。
中でもタワーとDプレミアムは抜けていたように思えるし
土曜の馬場、両馬とも内枠に入り、ペースを掻き乱すほどの短距離馬もいず
また中距離からの距離短縮馬も2頭程度と比較的落ち着くように思う
こうなるとマークする側とマークされる側でかなり違う
圧倒的にマークする側、前の仕掛けを見つつ仕掛ける方が有利。
その点からタワーオブロンドンを上に見た。
データ的にも藤沢+ルメールも信頼度が高い

中山開催の頃だと枠順の有利不利やローテから
1・2頭がそれを味方にして、それが流れを生んだが
直線の長くなった阪神だと力勝負になりやすいか
あとは上記二頭と未対戦のケイアイノーテックとダノンスマッシュ
ダノンスマッシュも例年であれば十分勝ち負けだと思うが
闘ってきた馬が少し面子落ちで、そこが経験不足か
ケイアイに関しては調教は驚異的
見た目だけで言うとまだ余裕というか、坂で少し鈍ってる感じすらする
来年以降、坂路調教No,1になるのは間違いない。
ただデ杯は重かったにしろ、なんか方向が違う気がしてきてる(?
あまり重い印はここでは要らないかも

ブログランキングに参加しています
にほんブログ村 競馬ブログ 馬体・パドック理論へにほんブログ村 競馬ブログ 追い切り重視へ
競馬ブログランキングへ

ポチっと押してね! ☆(ゝω・)vキャピ

Category: 競馬予想

TB: 0  /  CM: 0

top △

阪神ジュベナイルフィリーズ_2017予想 

昨日のリゲルS、結果的に3歳馬の1・2・3
夏から秋にかけて世代間の弱さを指摘していたが
認識を改めたいと思う。
同路線のダイワギャグニーも毎日王冠からキャピタルでOP勝ち
マイルCSで上位に3歳が来た事も明確な転換期だったが
10月11月12月如実にマイル路線で3歳馬の活躍が出てきており
先が楽しみになってきた。
ただし中距離以上は現時点でも例年よりイマイチか
ダート戦線に関しては夏前の時点でこの世代の期待を書いていたが
現時点ではダートOPの壁にブチ当たってる面々が多い。
が、ダート戦線自体は芝よりも息が長くこの辺はゆっくり見ていきたいと思う。

阪神11R
阪神JF
◎ラッキーライラック
○リリーノーブル
△サヤカチャン
△ラテュロス
△ロックディスタンス

動きの良さそうな馬
ラッキーライラック>リリー>ラスエモーショネス、ソシアルクラブ
>サヤカチャン、ラテュロス
一週前
ラッキーライラック、ラスエモーショネス
ソアシアルクラブ、ロックディスタンス
桜花賞あたりだと一週前にキツメにやって当週軽めのロックが理想
ただし阪神JFはある程度直前に遣った方が結果が出てる。
イメージ的に少し違う

ラッキーライラックに◎
前走は馬場がどうでるかも分からない状況だったが
結果的には完勝の部類で2戦目にしては上々、競馬センスの高さが光る。
厩舎的にガッツリ作り込み、ここ2週の動きを見るに元気よく
不利さえなければ十分二歳牝馬の頂点に一番近いと思う。
石橋継続自体は是も非もない。変に内で場所取りしない限りは勝ち負け
相手本線にリリーノーブル
こちらも2戦2勝組だが、ラッキー同様センスの高さを感じさせている。
新馬はそこその時計から先行押しきり2戦目はスローの上り勝負になる所を
力押し、開催後半での事で今回のレースに繋がると思う。
今回は無いと思うが
パンパンの良馬場+上り勝負とかになると、どうなるかは分からない
あとは前走比というか重要TRといえるアルテミスの上位二頭が
調子の良さを維持しつつ内枠に入り大きな流れはアルテミスよりになるか。
その二頭を押さえつつ
問題はロックディスタンス
新馬で退けた馬たちが牡馬である程度の位置に居ており
能力は牡馬戦に入っても遜色ないと思われる。が、3か月開いた事と
最近の二ノ宮厩舎の馬作り、一週前は良いとして今週の動き
切れ味は鋭いと思うし阪神JFは最速の上りを出すような脚も生かしやすい。
乗り手もルメールを維持しており切るに切れないという感じ
不安要素が多く抑えに回したい。

ブログランキングに参加しています
にほんブログ村 競馬ブログ 馬体・パドック理論へにほんブログ村 競馬ブログ 追い切り重視へ
競馬ブログランキングへ

ポチっと押してね! ☆(ゝω・)vキャピ

Category: 競馬予想

TB: 0  /  CM: 0

top △

リゲルステークス_2018予想 

アマゾンのサイバーマンデー
期待していたがこの時間まで食指は動かず
まぁ、昨年もこの段階だと、正直どうなのかな~みたいな感じだったので
後半戦も寝てていいのか微妙
一昨年だったか2年半前だったかは、夏のセール時で寝てる時間帯に
どえらい特価品が出てて、悔しいのなんの
正直数日は精神を病んでしまうという・・・ほんと恐いね、中毒患者だわ

阪神11R
リゲルS
◎グァンチャーレ
○ブラックムーン
△ディバインコード
△サトノアーサー

動きの良さそうな馬
ブラックムーン、オールザゴー>グァン、サトノアーサー
動きだけならオールザゴー
これだけ坂路で動ける事と近走成績を考えると
根本的に芝よりダート、マイルよりも短距離なのかもしれない
後は気性、ここの可能性も高いか。

本軸にはグァンチャーレ
正直自分の馬券向き
というか、割と好きな馬というか成績が俺好み
一応重賞馬だけど忘れている人も多いだろうがコツコツ稼ぐのが良い。
リゲルSは2回出走して2・3着、適性からも非常に高く魅力いっぱい。
内緒だが、なんとグァンちゃんはスクリーンヒーロー産駒の中で
モーリス、ゴールドアクターに次ぐ賞金持ちなのである。
枠順も真ん中より内枠に入った時に好走率高く、動きは絶好
展開はボンセルかファンディーナがひっぱり
番手にディバインコード
マイルCSを制した3歳マイル路線、中でも春を賑わさした上位馬だ
人気は明らかに彼らが持って行くだろう。

対抗には後方一機しかないがデムーロが乗れば届く可能性が高いBムーン
関屋記念では一発もあるかと期待したが不発というかムリムリ
とはいえ1600万戦で長い事見ていただけに阪神に変わるだけで十分
58キロはさすがに積まれたな。という印象だが
終わってみると阪神Cでも良かったんじゃない?みたいな感じで

あとは3歳馬のサトノアーサーとディバインコード
サトノアーサーに関してはスローの毎日杯で追走がきつそうだったので
1600mの古馬混合戦で神戸新聞杯みたいな感じだとキツイと思う。
行かせてみるのも面白いと思うが恐らくブラックムーン同様後方からか。
ディバインはNHKマイルカップで本命視したが力不足感があった。
秋始動で多くの3歳馬が古馬の壁にブチ当たったが当馬は目途を立てており
血統からもこれからの重賞戦線で度々見る事になると思う。
が問題は距離、現状1400mがベストで1600mは気持ち長い。
ただしこれも乗り手や馬の気分次第な面もあり、今回大化けもあると思う。

ファンディーナに関しては兄が1600万下まで進んでおり
同馬のポテンシャルを考えても牝馬戦で十分古馬重賞に辿り着くと思う
ただし牡馬混合戦となるとペースの違いもあるし、マイルが不安
マイルがあう可能性もあるが・・・。個人的には中山適性の高さは間違いなく
中距離の中山、中山金杯、中山牝馬Sで見てみたい気がする。

ブログランキングに参加しています
にほんブログ村 競馬ブログ 馬体・パドック理論へにほんブログ村 競馬ブログ 追い切り重視へ
競馬ブログランキングへ

ポチっと押してね! ☆(ゝω・)vキャピ

Category: 競馬予想

TB: 0  /  CM: 0

top △

2018-02