Admin   Newentry   Upload   Allarchives

燃えよムチ

ダンス産駒大好き御旗楯無の競馬日記

カテゴリー「競馬日記」の記事一覧

大阪杯_2017 期待はずれな新設GI 

参加GI馬2頭、海外GI馬もオマケで足しても3頭
出走頭数14頭は大阪杯単体で見れば例年よりも多いくらいだが
ローテ的に数頭は参加すると思っていた牝馬は参戦無し。
切れる脚が強力な武器となる舞台に牝馬参戦無しは正直ガッカリな話。
例年の大阪杯と差が無く、GIとしてみると期待外れと言っていい。

大阪杯と言えば、古馬になったクラシック馬達が先輩古馬とガチでやりあう
天皇賞・春の前哨戦で良い意味でG2として格式があったと思う。
やっぱ、これGIにするべきじゃないなって思う。
まず施行時期の問題。中山記念組は出てるが日経賞組は無理
移行してきた金鯱賞組が5頭でこれが来年以降もローテ的にベストか
ただし中京2000mと阪神2000mだと条件は似ていても求める適性に差がある。
GIの前哨戦なら別定で斤量差が出たりして面白いんだが、定量となると・・・
日本人は奇襲戦をやったりする割に正々堂々とか
博打なのにスポーツマンシップがどうとかいう一種の病気をもってる。
ルールは大事だが、博打的に考えると面白くないだろって

阪神11R
大阪杯
◎キタサンブラック
○アンビシャス
△サクラアンプルール
△ステファノス
△マカヒキ

動きの良さそうな馬
ステファノス>マカヒキ>ミッキー>ヤマカツ、アンビシャス
見た目だけでならロードヴァンドールとかはミッキーよりも動いている

前年は別定の2キロ差を生かしてアンビシャスが僅差で交わしたが
今年はそうなるか微妙な線。まず手探りの状態の武と、1年乗った後では
脚の使いどころやペースでの緩急の付け方など懐が深くなってる。
そう考えると、人気でもキタサンブラックから入るしかない。
ただし気になる点があり陣営は春天連覇、宝塚、そしてその先を強く意識しており
去年同様にそこまで仕上げている気配がない。
ただしそれでもセントライトや京都大賞典は完勝と鉄砲成績は高く死角は無いか
対抗には前年覇者アンビシャス
乗り手が当時の横典から福永に代わるが阪神2000mであればプラスともいえる。
前目からでも中段からでも堅実に切れる脚はここでは強い。
一度叩かれ、条件的にもベストとみる。
あとはここ数戦上り33秒を東京・中山と安定して出しているサクラアンプルール
乗り手の横典が前年同様、キタサン狙いだと一発があるかもしれない。
次にステファノス
ステファノスは休み明けは低調で一度叩いた二戦目が強い本番タイプ。
相手なりな面も持ちペースの緩急にも対応可で今回の条件は合うように感じる。
あとはダービー馬マカヒキ
京都記念の馬場と今回の阪神の馬場ではだいぶ違う。
上りの速い時計持ちに向く傾向のある馬場になり、適性的には高いと見る。
ただし相性が悪かったとはいえ京都記念は仕上がりに不満もあった。
それが今回は持ったままで坂を好時計で上っており切れる脚は使えそう。
問題は先行集団を作る武が、マカヒキに切れる脚を使えるペースを与えそうにない。

今日の馬場を見る限り、雨の影響から回復傾向にあったのもあるが
開催後半だが内も十分伸びるという感じ。流れを考えると
マイル寄りの高速競馬を作れる馬が参戦すれば面白かったかもしれない。

ブログランキングに参加しています
にほんブログ村 競馬ブログ 馬体・パドック理論へにほんブログ村 競馬ブログ 追い切り重視へ
ポチっと押してね! ☆(ゝω・)vキャピ

Category: 競馬日記

TB: 0  /  CM: 0

top △

中山金杯+京都金杯_2017 

あけましておめでとうございます。
本命がコケても三連で有馬を拾ったのでマイナスは逃れました。
終わりよければなんとやら
これはイケると踏んで東京大賞典を買ったら・・・まぁ無理っすなぁ。。。
でもでも、楽天で以前申しこんでいたキャンペーンで
1000pデリカポイントとかいうのを頂いたので試しにガールズグランプリとかいう
競輪の車券を買ったらズバーッと的中!

やべーなこれ、ビギナーズラックじゃん!?
競馬もこんなノリから始まったので危険な香りがします・・・。

まぁそんな感じで今年もいきまっしょい

中山11R
中山金杯
◎シャイニープリンス
○ツクバアズマオー

動きの良さそうな馬
なし

中山金杯は12月開催から連続開催になるが、毎年内枠が良いという感じ
外がダメとか先行馬良いという訳でもないので一概に決めつけは良くないが・・・
まず対抗にしているアズマオー
重賞戦でも3着しワイド馬券や三連でお世話になっているが、地力は十分重賞級
ディセンバーSは着差は小さいが、適性の高い中山で完勝の部類かと思う。
まず同条件のここは本命視したいのだが。
そのディセンバーSで斤量2キロ差の3着馬シャイニープリンスが今回は同斤
普通に考えれば逆転可能で成績の安定度等は不安だが最内枠という事で
これに◎を打ちたい。

現時点で池江厩舎のストロングタイタンが1番人気だが、2歳時の中山遠征から
馬体減や急坂適正、そして前走の1600万下戦の相手関係を考えると
レース直前にはアズマオーに人気で逆転されているだろう。
超強豪厩舎で金杯も何度か制しているが、今年はどうだろうか。

京都11R
京都金杯
◎ガリバルディ
○ブラックムーン
▲エアスピネル
△ブラックスピネル

動きの良さそうな馬
ブラックスピネル>テイエムタイホー

気になるのは、やはり昨年のクラシックを無冠で終わったエアスピネル
世代の一線級で菊花賞でも3着と地力の違いを見せてもらったが
やはり距離適性は大事。
3000m戦からのペース変動に戸惑わなければ無難に上位にくるとみる。
ただし、金杯を狙っているというか買いたいかと言われると微妙
黒▲の印が丁度いい。
本命にはガリバルディ
準OPを勝ち上がり重賞戦線でよく見かけるかと思ったがOP戦でモタつき
G3で豪快に重賞制覇をしたが、その後は弾けずハマった感があったが
乗り手次第で前々で競馬が出来る馬であり、今回のルメールへの手替わりは期待。
ただし大外へ行ってしまったのは不運と思う。
メインレースまで傾向を見てみたいと思う。
1~3枠辺りだともっと人気すると思うんだけどな・・・
相手にはブラックムーン
初重賞では足りなさが分かったが、条件戦を堅実な脚できちんと勝ち上がってきており
実戦経験からも京都1600mは相性が良さそう。
馬券的にはこの馬からの馬連または三連になると思う。
中間の仕上げに関しては微妙。
年明け坂路で軽快に時計を出したブラックスピネルを押さえる。

ブログランキングに参加しています
にほんブログ村 競馬ブログ 馬体・パドック理論へにほんブログ村 競馬ブログ 追い切り重視へ
ポチっと押してね! ☆(ゝω・)vキャピ

Category: 競馬日記

TB: 0  /  CM: 0

top △

アーリントンC_2015+後藤騎手の訃報 

後藤騎手が自殺したというニュースを午前中に知りました。
正直どういう事か意味が分からなかったので、ネットで調べてみると
どうも自殺らしいと言う事で細かい事は分かりません。
こういっては何なのですが、スポーツ新聞はいい加減なもので
憶測や怪情報も出たりします。おお真面目に・・・です。
今回の後藤騎手の件も、何かしらの事故で病院に担ぎ込まれたか
または頸椎を痛めていたのでリハビリ中の事故だろうか、と
夕方のニュースを見る限り、そういう事ではないと言う事で寂しい限りです。

個人的に後藤騎手自体は好きではありません。
吉田騎手への暴行事件の際に、騎手免許を取り上げておけばと
思っています。この考え自体は今も変わりませんが、
今回の件は非常に残念でなりません。
また自殺した人の事を考え「ご冥福を」と言う様な無意味な言葉は使いません。
体の事や他にもいろいろな事があったとは思われるのですが
目的や誰かのために死ぬのと、個人的な理由の自殺は違うと思います。

彼の騎乗したいくつかのレースを一生忘れないでしょう。馬とセットで

阪神11R
アーリントカップ
◎ナリタスターワン
○ナイトフォックス
▲エイムハイ

開幕週なので前目を注意。

ブログランキングに参加しています
にほんブログ村 競馬ブログ 馬体・パドック理論へにほんブログ村 競馬ブログ 競馬コラムへ
(=人=)

Category: 競馬日記

TB: 3  /  CM: 0

top △

朝日杯FS_2014 今年から阪神て・・・ 

朝日杯が今年から阪神開催
去年の時点で分かってた事だけど・・・やはり釈然としない。
予想法というか規定路線が崩壊したのか
今年の有力どころのローテがアレな感じ
まぁ良し悪しは来年以降にと言う事にしておこうか

阪神11R
朝日杯フューチュリティステークス
◎ダノンプラチナ
○セカンドテーブル
▲タガノエスプレッソ
△ジャストドゥイング
△ネオルミエール

動きのよさそうな馬
ジャストドゥイング >ダノンプラチナ、メイショウマサカゼ>クラリティスカイ
1週前からセカンドテーブル

正直セカンドテーブルが今週、終い重点の追い切りならば◎とおもっていたが
予定通りとはいえかなり軽めの仕上げ。これでいいのか分からない。
例年の中山開催であれば、セオリーで京王杯を前目から押し切った同馬で鉄板
阪神1600mは外回り直線長め、牝馬のJFは開幕でも差し馬が来るコース
はたして前で行った場合残るのか?
動きから判断したかったが・・・

本命にはダノンプラチナ
動きがまぁ及第点と思える事と、一応重賞扱いのいちょうSから
相対的に比較すると、どうしても上にきてしまうという感じ。
この順番比較には、いちょうSとベゴニア賞に出ていたミッキーユニバースを
基準馬として判断すると自然とダノン>クラリティ>ネオルミエール
こういう図式が成り立つ
で、いちょうSは開幕週なのに比べダノンが走ったベゴニア賞は開催最後
力比較をするにしても開催後半を上に見るのが自然
そんな感じの暫定的な◎にダノンを推す
相手にはセオリーが今回通用するか微妙な感じだが京王杯からセカンドテーブル
東京スポーツ杯からも上位馬が無い以上、これしかない。

単穴にタガノエスプレッソ
岩田から菱田にスイッチ。菱田くん自体は若手でも乗れる方なので
そろそろ重賞でも来るかもしれない。ただしなだれ込むようなのが今のところ理想
馬自体は現時点で実績関西No,1と言っても良いくらいで
血統面ではディープの兄なので構成的には同じと判断してよく、かなり強力。
血統からアッシュを買うのであれば間違ってもこれを消してはダメ

あとは動きがパワフルなジャストドゥイング
前走の負けがアレだが、若駒なので見なかった事にしておく。
馬場がおそらく、やや重までは回復するのであるいは残るかも・・・
川田にあったタイプか。

藤沢が一番馬のアヴニールマルシェを下げてこっちで良しと
判断したっぽいのでネオルミエールも押さえておく。
先週は、買える要素はあったのに完全に一手足りなかったし

コースが違う、初遠征もいる、馬場はおそらくある程度回復するけど
でも「キレ」よりも「パワー」勝負っぽい感じ
これは難解。

ブログランキングに参加しています
にほんブログ村 競馬ブログ 馬体・パドック理論へにほんブログ村 競馬ブログ 競馬コラムへ
ポチっと押してね! ☆(ゝω・)vキャピ

Category: 競馬日記

TB: 3  /  CM: 0

top △

秋華賞2014 ハープが抜けても一強? 

仮にここにハープが居れば二強だったのだろうか?
条件的には開幕から日が浅く、内回りの京都と考えると
ハープスターの方が分が悪いのは間違いない。
だが札幌記念を見るに使いどころさえ合えば短くても差し切る脚はある。
はたして3歳最強は・・・

京都11R
秋華賞
◎ヌーヴォレコルト
○リラヴァティ
△ショウナンパンドラ
△タガノエトワール
△ブランネージュ

動きのよさそうな馬
ペイシャフェリス>>ヌーヴォレコルト>>ブランネージュ
台風の影響も有り、木曜の時点でも馬場が不安定だったかと思われ
坂路、CW、ポリそして美浦組と比べにくい感じ
ただし一頭だけ突き抜けた動きをしていたのはペイシャフェリス
一週前を考えるとショウナンパンドラが良かった。

動きも及第点だし、相手関係からもヌーヴォレコルトは抜けた存在に見える。
正直言えば前走TRの方は取りこぼしがあると見ていただけに
ここまで人気してくると買いづらい。だが、馬券内は外しそうにない。◎で

相手一番手にリラヴァティ
枠順が内の方が先行が楽なので希望だったが、8枠17番
ローズステークスと似た様な感じで、今回は逃げそうな馬もいる現状で
案の定人気は一気に落ちて14番人気
が、そういうのはどうでもよくて、やはり成長力とかをみるとこの馬も
春に比べるとだいぶ伸びている。小倉1000万戦で勝てはしなかったが
既に準OPに近い力はあるようで、今回も前々からしぶとく行きたい所。
動きに関しては一応及第点で良いと思う。というか、こういう感じの馬。
あとは先週動きの良かったショウナンパンドラ
正直逆転までは無理とは思うが、メンバー中一番よい理想の仕上げか。
能力的にはローズの上位に食い込めるか微妙
あとはローズ上位のタガノエトワールとブランネージュを抑える。

ヌーヴォからの三連と
リラヴァティ絡みのワイドで楽しむか・・・

ブログランキングに参加しています
にほんブログ村 競馬ブログ 馬体・パドック理論へにほんブログ村 競馬ブログ 競馬コラムへ
ポチっと押してね! ヽ(´ー`)ノ

Category: 競馬日記

TB: 2  /  CM: 0

top △

2017-05