Admin   Newentry   Upload   Allarchives

燃えよムチ

馬を見る目はありますが人を見る目はありません

2014年09月の記事一覧

オールカマーと神戸新聞杯2014 


新潟11R
オールカマー
◎ラキシス
○クランモンタナ
△マイネルラクリマ
△クリールカイザー

動きのよさそうな馬
クランモンタナ>フラガラッハ>サトノノブレス>クリールカイザー
中間の動きからラキシス

別定で微妙な差が悩ましいが、ここはラキシスから入りたい。
まず距離2200mは条件戦も含め5戦して
1着2回(1000万、500万)
2着1回(GI)
4着1回(G2古馬混合)
6着1回(3歳OP)
まさにこの距離でこその馬であり、今年は新潟という事でこれも魅力の一つ。
仕上げに関しては牝馬らしく良い時期に帰厩したのか先週の時点でほぼ及第点
エリ女へ向かうにして京都大賞典ではなく、ここからというのも
陣営の本気度と捉えたい(正確には角居厩舎なので使い分けかも?
今回の課題は一点、前回東京遠征で体重が激減しており
牝馬の泣き所でもあるが、2度目の長距離という事で陣営の頑張りに期待。
いっちょ重賞馬になって、ラキシスの名をJRAの重賞記録に残そうぞ!
相手には動きも良いクランモンタナ
夏競馬絶好調だった田辺が再び新潟で重賞参戦。
前走新潟記念から2キロ増えるが普通に考えれば、まず勝ち負けだろう。
あとは実績馬マイネルラクリマと動きからクリールカイザー
クリールカイザーとニューダイナシティと悩んで吉田兄で…(末脚の使い方上手いし

阪神11R
神戸新聞杯
◎ヴォルシェーブ
○サトノアラジン
△トーセンスターダム

動きの良さそうな馬
ヴォルシェーブ>トーホウジャッカル

今回は古馬混合1000万下をきっちり勝ちあがってる二頭が参戦
時期的な関係から、この二頭から入りたい。
3歳牝馬であれば1000万勝ちで秋華賞で勝負になるが
菊花賞の前哨戦たる神戸新聞杯はその年のレベルで結構変わる。
ぶっちゃけハープスターが突き抜けている世代でイスラ以下がドコまで古馬に
通用するかは現時点では分からない。
新潟1000万勝ちのあったサトノフェラーリがセントライトで大敗しているが
サトノが1000万でやりあった同3歳のヒルノマテーラ はローズSで5着
男馬と牝馬で力差が開いてる可能性もあるが、ここらも断言出来ない。
ここは1000万勝ちの二頭から入りたい。
ヴォルシェーブは名前からしてヴェルシーナと同じ大魔神佐々木の持ち馬で
春はクラシック戦線に上がれなかったが6月の時点で古馬混合1000万を突破
能力的にあの時点でクラシック上位馬とほぼ互角であったと思われる。
ひと夏を越して仕上がり良好。また左回りで500-1000万下を上がって来ているだけに
左回りの新潟の方が馬も随分とマシであると思え、なおかつディープに繋がる良血
また乗り手も岩田を配してきており、あっさりも可能か。
相手にサトノアラジン、こちらは小倉で1000万の九州スポーツ杯を勝ちあがっているが
1600万クラスにいたバッドボーイズやカナロアを突き離しており
ポテンシャル的には世代限定GI馬とは力差は無いはず

断然人気であるダービー馬ワンアンドオンリーは現時点で動きに不安あり。
あの程度でいいとも言えるし、大目標が先のGI馬であれば及第点なのかもしれない。
ただし馬券は買いたくない。
△にはバンドワゴンとこの2014年を彩ると思っていたトーセンスターダム
皐月・ダービーと大敗したが、特にダービーはよもやの内ラチへ突っ込んでおり
幼さが出た感じであろうか。同じ左回りと不安要素になるが
陣営の立て直しを期待して△にしておく。

ブログランキングに参加しています
にほんブログ村 競馬ブログ 馬体・パドック理論へにほんブログ村 競馬ブログ 競馬コラムへ
ポチっと押してね!(「・ω・)「がおー

Category: 競馬予想

TB: 1  /  CM: 0

top △

2014-09