Admin   Newentry   Upload   Allarchives

燃えよムチ

馬を見る目はありますが人を見る目はありません

坂口先生引退で思う事 

先週の競馬で定年を迎えられた調教師6人
池江泰郎
坂口正大
吉岡八郎
高橋成忠
野元昭
須貝彦三

名だたる名馬を育てた調教師も多く思い出が尽きない
各新聞社はディープインパクトの池江と書いたが
私たちの世代は
天皇賞馬メジロマックイーンの池江だろう。
父子3代天皇賞制覇
トウカイテイオーとの世紀の対決
三連覇を目指した春天で関東の刺客ライスシャワーに
喰われたのは衝撃的だった
今後もディープの池江で売って行くんだろうか

坂口調教師といえば
何をおいてもマヤノトップガンだ。
トップガンの場合話題になるのは、かの田原成貴だが
実は武が当初乗ってるんだよね
期待が高かったんだろう。
キングヘイローに福永を乗せ続けたのも
坂口が福永で行くと拘ったといわれている
当時福永騎手はデビュー2年目、当馬で初重賞を飾っている。
当馬を解説で有名な杉本清さんが3歳時(現2歳)から
やたら推していたので記憶している。…なんか分かる…。
でGI皐月賞で二着。その後のダービーで
福永がはじめての大舞台で緊張しガチガチ状態になり
分けがわからなくなり逃げてしまう。結果ハイペースで大敗。
だが坂口はその後も福永を乗せている。

このオッサン、若い騎手を育ててたんだよね
今はこーいうタイプの調教師や馬主は少ないけど
昔はけっこう拘りのある人が多かった。
普通ならダービーを狙える馬に二年目の騎手は乗せない
馬主が許さないし、調教師だって勝ちたいだろう
だが、坂口は福永を乗せた。
当時は福永をバックUPする陣営が数多くいた為
あまり自分の目には、良い様には見えなかった。が
また、こういう人がいないと騎手は育たないのかも知れない。
最後の弟子になる浜中が先週8Rを制し
師の最終日を勝利で飾り、あまりにも良く出来た話で
目から変な汗が出た…(´;ω;`)

なお浜中俊は3月1日を持ってフリーとなっている。

負けんなよッ!すぐるー!!ヽ(`Д´)ノ

ブログランキングに参加しています
にほんブログ村 競馬ブログ 馬体・パドック理論へにほんブログ村 競馬ブログ 競馬コラムへ
ポチっと押してね! ☆(ゝω・)vキャピ
関連記事

Category: 競馬日記

Thread: 競馬日記 - Janre: ギャンブル

TB: 0  /  CM: 0

top △

この記事に対するコメント

top △

コメントの投稿
Secret

top △

トラックバック
トラックバックURL
→http://moemuti.blog77.fc2.com/tb.php/121-a15f84a2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △

2017-08