Admin   Newentry   Upload   Allarchives

燃えよムチ

馬を見る目はありますが人を見る目はありません

NHKマイルC馬ダノンシャンティが故障! 

ダノンシャンティが右前浅屈腱炎を発症したとのこと
馬場入りしていない情報が出ていたので危ないなとは思っていたが大変残念である
松国のムキムキNHK参戦馬が壊れるのはこれで何度目か?
クロフネ、タニノギムレット、キングカメハメハそしてシャンティ

松国=早期開花→故障→引退
上記のような構図を描く人は多いだろうが、ことNHK参戦馬に関しては
一概に一纏めで批判するのはどうかというフシがある。

有名な話だがNHKマイルCで勝ち負けしちゃうと
後がグタグタになるか壊れてしまうというのがある。
三歳の早い時期に東京1600GI、それだけでも過酷なのに
開幕から日が浅いせいか芝状態が良く、時計が特に速くなりやすい。この為競走馬としての体作りに大事な成長段階での負荷は、重く負担となり故障しやすくなる。
ダービーにも同じことが言えるが近年はそれほど底力を問われない展開が多く
1600mの当該レースの方が危険なレースと思われる。
 
 タイキフォーチュン(グダグダ
 シーキンザパール (問題なし→海外GI制覇
 エルコンドルパサー(JC制覇、凱旋門2着
 シンボリインディ (グダ
 イーグルカフェ  (グダグダ→JCD制覇
 クロフネ     (JCD制覇後故障
 テレグノシス   (問題なし
 ウインクリューガー(グダグダ→誘導馬
 キングカメハメハ (ダービー制覇→故障
 ラインクラフト  (問題なし?→早逝
 ロジック     (グダグダ
 ピンクカメオ   (グダグダ
 ディープスカイ  (ダービー制覇、問題なし?
 ジョーカプチーノ (故障→重賞勝ち→
 ダノンシャンティ (故障→復帰→故障

勝ち馬で一年後も現役だった馬のうち、エルコンとディープスカイは
稍重馬場であった事を考えれば少しは答えに近づけるだろうか。
シーキングザパールとラインクラフトは牝馬の為、NHK時は斤量55キロ。

シャンティはダービー直前に軽い骨折で戦線を離脱し暮れの有馬で復帰した。
これが当初予定されたいた金杯であれば、とは思わない。金杯ならば58.5(58)キロを積まれた可能性がある。寒い時期だけに暮れよりも、これの方が危ない。
同馬に関しては毎日杯での走りから2000前後での適性が高い馬と認識している。
大阪杯の時点では、決して1600のマイラーではない。
逆にいえばあの時点では、古馬戦線の一線級のマイラーが作り出すペースの中で互角に戦えたかどうかの方が怪しいだろう。

改めて言うが同馬の馬体、そして非凡な瞬発力は高く評価するに足る。
半年後に復帰するかどうかをオーナーと決めるとの事だが、カネヒキリではないが
フジキセキ産駒は早熟ではない。ここ数年で屈腱炎の治療技術は上がり不治の病では無くなりつつある。
復帰のチャンスは与えてあげて欲しいと思う。
そう思う気持ちと反面、かの幻の三冠馬と言われたフジキセキ産駒の後継を…と思う気持ちもある。
非常に難しい問題だが、今後の成り行きを見守りたいと思う

ブログランキングに参加しています
にほんブログ村 競馬ブログ 馬体・パドック理論へにほんブログ村 競馬ブログ 競馬コラムへ
ポチっと押してください(´・ω・`)
関連記事

Category: 競馬日記

Thread: 競馬コラム - Janre: ギャンブル

TB: 0  /  CM: 0

top △

この記事に対するコメント

top △

コメントの投稿
Secret

top △

トラックバック
トラックバックURL
→http://moemuti.blog77.fc2.com/tb.php/164-f2796c52
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △

2017-06