Admin   Newentry   Upload   Allarchives

燃えよムチ

馬を見る目はありますが人を見る目はありません

女王ブエナビスタvs三冠馬アパパネ 

さて東京GI二戦目
ヴィクトリアマイルの出走馬が確定

早くもマイルで二強が激突である。
まずはドバイからの帰国初戦となる女王ブエナビスタ

現在の中央古馬戦はヴィクトワールピサがいるとはいえ
まず間違く去年の時点ではブエナが抜けていたのは間違いない。
有馬で三歳に先着されたが一昨年の有馬と違い
明らかに位置取りの差である。決して力負けではないだろう。
以前ウォッカがTOPに立っていた頃よりも後続の追い上げは温いように感じる
旧女王ウオッカとの違いは東京以外でも走る事。これに尽きる。
スピード・スタミナ・柔軟なコース適正
類稀なる存在だが…不安点はある。
運があるような、無いような降着が二回
そして前走のドバイでの大敗
まぁこれはAW(タペタ)の適性云々以前に
展開が前に有利だったといった方がいいではないだろうか
失礼な物言いになるがムーアの立場を考えると不発の可能性の方が高かった。
ここまでの仕上げ調整をみると去年よりも良いように思う。

対するマイラーズCを叩いた三冠馬アパパネ
ことマイル適正という見方ではアパパネはブエナよりは上なのかなぁと思います。
言葉の言い方を変えれば古馬王道路線で戦えるほどのスタミナを
現時点まで使えていないという感じである。
まぁスタミナが豊富ではない=マイルよりという訳ではないんだけど
掛かる事があるので速いペースの方が良いと思えるからです
動きに関しては及第点。マイラーズの前に熱発して回避しているが
その影響はまず現時点では感じない。

さて全馬の追い切りと枠順、そして土曜の馬場を見ないと印はうてないが
二強の牙城は高いのか?崩せないのだろうか?

個人的な見解で言えば、二強ではなく今回は一強だと私は見ています。
もちろん、それはブエナビスタです。
マイル戦は昨年の同レース以来です。が今回前でそう飛ばす馬はいません。
スローで流れ、長い直線を活かした末脚比べと見ています。
岩田騎手は中央のレースペースを読めないという珍しい騎手ですが
地方上がり故にこれが逆に功を奏す時も多い
今回の様な場合はペースの読み間違いの懸念もそう必要ありません。

アパパネは前走で古馬マイル戦を戦った事で
かなり適応してくるかも知れませんが、三戦三勝の東京適性は認めますが
末脚比べでは他馬の付け入る隙の方が有るような気がします。

新旧女王の一騎打ちも見たい
でも、それだと馬券は選択肢がすくなく面白くない。
ええぃどうしてくれようか

まぁ週中、雨がたくさん降ってるので
思いのほか重い馬場になるかもしれないが…

ブログランキングに参加しています
にほんブログ村 競馬ブログ 馬体・パドック理論へにほんブログ村 競馬ブログ 競馬コラムへ
ポチっと押してね! ☆(ゝω・)vキャピ
関連記事

Category: 競馬日記

Thread: 競馬コラム - Janre: ギャンブル

TB: 0  /  CM: 0

top △

この記事に対するコメント

top △

コメントの投稿
Secret

top △

トラックバック
トラックバックURL
→http://moemuti.blog77.fc2.com/tb.php/178-6bcf6c80
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △

2017-06