Admin   Newentry   Upload   Allarchives

燃えよムチ

馬を見る目はありますが人を見る目はありません

新馬戦が始まる。POG 

今週から新馬戦が始まる。
いや、始まってしまうといった方が正しいか
ダービーの翌々週から新馬がデビューする。
今年も新たなダービーへ向け競馬サークルの1年が始まろうとしている──。

ということで、今日はどうでもいい話を…

世にペーパーオーナーゲーム(※以後POGと略)というのがある。
競走馬の架空の馬主となり、着順や競走成績で得られる賞金を基準に
ポイント制などにして競うゲームである。
今や雑誌社主催や色々なサークル内で行われているという…
昔からあったものではない。
私が競馬を始めた頃だから、そう古くもない
TVゲームで競馬ゲームがブームになりつつあった頃であり
日本競馬が空前の規模で回っていた時期と言えば分りやすいだろうか
そう、丁度その頃から雑誌や何やらで競馬サークル、予想大会、
そしてPOGなる言葉を見聞きするようになった。

当然ながら当時は学生・未成年者は馬券を買えないし
うっかり未成年者が競馬場で捕まることも
そう珍しいことでは無かった────
 ※かくいう私も何度か摘まみだされている(アッヒャッヒャッヒャ…
競馬界が意図したわけでなく、その周りが自然とそういった遊びを
作り、そしてゲーム化し普及していき、気づけば
それが多くの若者や初心者を未知の競馬へと誘ったのは間違いない。
POG自体はだいたい新馬~ダービーまで、
もしくは夏競馬前までと、ある一定の期間を対象にする。
クラシックロードだ。
初心者には競走馬、そして競馬を勉強するにはいい『遊び』だと私も思う。

ただしこれはPOGという遊びだ。ゲームである。

何かを得れるのかもしれないが…馬券には繋がりそうにない。
なぜならば、自分が選び取った馬をどうしても贔屓目で見るだろう。
自然な事である。また
ある一線で線がひけたとして、多くの競走馬を広い視野でみれるのだろうか?
そして、その時一競走馬の能力や将来性
そして癖や適性までを深く探ることができるのだろうか?
人は感情で左右されやすい生き物だ。
十年二十年先もPOGと競馬を楽しみつつ馬券を買えるのか?

競馬を楽しむ為の一ファクター、競馬への興味を持ち続けるための
モチベーション的な意味合いも大事だと思う。

だが、これで競馬を楽しめるかは別だ
何と言われようが────、競馬とはギャンブルだ。
金の勝ち負けをするバクチなのだ。
負け続ければ去る。
勝たなければ去るしかないのだ。

ここ数年、自分が年を重ねるごとに分かりつつある事がある
競馬はどれだけ多くのレースを見続けて来たかが
どんな予想法や指数よりも馬券に繋がるということである。
『継続は力なり』
言葉の通り、見続けてきたものだけが辿り着ける馬券が確実にある。

POGをするのであれば、もっと長いスパンで競走馬を見続けてほしい
ダービーで終わる馬たちもいるし、大目標がダービーなのは
そうに違いない。だが…競走馬の戦いはそんなところで終わらない。
1年先2年先3年先と競走馬は成長し走り続ける。
そういう競馬の楽しさや面白さをPOGは伝えられているのだろうか?
甚だ疑問だが
今年の新馬戦がもうすぐ始まる。
あちらこちらで今年もPOGがスタートするのだろう。

今年も熱い夏がくる。
選んだ馬たちを、ずっとその先まで見てほしい。
そういう競馬の楽しさを知ってほしい。

ブログランキングに参加しています
にほんブログ村 競馬ブログ 馬体・パドック理論へにほんブログ村 競馬ブログ 競馬コラムへ
ポチっと押してね! (´∀`*)ノシ バイバイ
関連記事

Category: 競馬日記

Thread: 競馬コラム - Janre: ギャンブル

TB: 0  /  CM: 0

top △

この記事に対するコメント

top △

コメントの投稿
Secret

top △

トラックバック
トラックバックURL
→http://moemuti.blog77.fc2.com/tb.php/199-67e42376
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △

2017-11