Admin   Newentry   Upload   Allarchives

燃えよムチ

馬を見る目はありますが人を見る目はありません

オフサイドトラップの死とサイレンススズカ 

先日二冠馬セイウンスカイが逝ったとの知らせに寂しい思いをしていたが
今日の競馬ニュースによるとオフサイドトラップが死んだという。
 【日刊スポーツ】 オフサイドトラップ腸障害で急死
 http://www.nikkansports.com/race/news/p-rc-tp0-20110830-827559.html

あまり思い出すほどの事でも無いが、オフサイドトラップ
サイレンススズカが競走中に故障し安楽死処分された秋天で勝った馬だ
今思い出してもポカーンとしていた記憶しかない
個人的に好きな馬ではなかったが、今なら言える事がある。

オフサイドトラップは天皇賞馬として恥じない馬である。

フロッグ勝ちもしくは棚から牡丹餅とも言われたが
弱い馬ではなく、評価されるべき天皇賞というGI勝利を
正当に評価されなかったのは時代もあったが、
過剰なサイレンススズカ押しのようなものが当時すでにあり
その影響をモロにうけて評価がブレたのだと今なら思える。

オフサイドトラップはナリタブライアンの三冠の影にあって
目立たないが関東のクラシック世代のOP馬だった
当時、完治不可能の不治の病とされた屈腱炎を若くして発症しながらも
その後何度も復活している。
当時の記憶で言うと…故障しがちの、一関東馬
結構忘れがちで重賞でも勝ちきれないけど馬券に絡む…みたいな感じで
馬券との相性は悪く当たった記憶は私にはほとんどない
戦績を見ればわかるが決して弱い馬ではない。
故障しながら戦いぬいた戦績は非常に高いレベルで重賞を戦ったことが分かる。
実際、あの秋天でも6番人気で
つい数日前に新潟記念が行われたが、あの新潟記念を8歳のTOPハンデ
実に58キロを背負って七夕賞に続いて重賞を連勝した馬である。
当然、夏場のG3で一線級がいなかったわけだが
それでも結構なハンデ、それも8歳(現9歳)という高齢で勝っている馬だ

これが秋天で勝った後に
サイレンススズカの悲劇面をクローズアップするためか
非常に低い評価が下される。
当時のイメージというか紙面はサイレンススズカが勝って当たり前
どこまで逃げるか、どれだけ後続を離すか
と、こんな感じだったと思う。

確かに当時のサイレンススズカにはそういった神格化ないし
そういう作り上げたスター像のようなものがあったのは事実であり
武豊もそういうのを知りつつ、どこまでも行けそうとか
何馬身離すか…と煽っていたように思える。半分はリップサービスであったのは
間違いないだろう。今もだが、彼はそういうのが上手い
当時は叩かれることはなかったが
秋天での大逃げは明らかにオーバーペースであり
あそこで壊れなかったとしても、馬の行く気だけでは
四歳時と同じようにバテでズルズルになってた可能性が高い

netkeibaで拾ってきたが、秋天でのレースラップ
 13.0-10.9-10.7-11.2-11.6-12.0-13.4-12.9-11.2-12.4

恐らく13.4-12.9秒のところまでがサイレンススズカのラップであろう
前半がキチガイじみている
武は逃げれたとも言うが、現在のような絶好の芝状態でも無く
開催後半、金鯱賞や毎日王冠のような開催間もない高速馬場でもない
大逃げは予想されたしハイラップも予想されたが
解説というかアナウンサーも言ってるが、かなり速いのだ
大袈裟だが常軌を逸するレベルの逃げといえる
ハイペースで逃げて、最後も速くて勝つが
サイレンススズカが五歳時に見せた必勝パターンだ
後続が前を捕まえられない逃げ
結果として最後突き放したようにも見える大逃げパターン
あそこまでハイラップで行くと後続は鈴を付けない
共倒れになる可能性が高いからだが、鈴を付けれなかったのもまた事実だろう
はたして、あの大逃げで行けたのか?こればっかりは今でも分からない。
武が悪かったとも言えない。
あの馬にはそういう狂気のような所があったんだと思う

話がズレたが、オフサイドトラップの死で思うのは
決して弱い馬ではなく、スズカ抜きにして
天皇賞馬として恥じないレベルの馬だったと再度記憶したい。

ブログランキングに参加しています
にほんブログ村 競馬ブログ 馬体・パドック理論へにほんブログ村 競馬ブログ 競馬コラムへ
ポチっと押してください(´・ω・`)
関連記事

Category: 競馬日記

Thread: 競馬日記 - Janre: ギャンブル

TB: 0  /  CM: 0

top △

この記事に対するコメント

top △

コメントの投稿
Secret

top △

トラックバック
トラックバックURL
→http://moemuti.blog77.fc2.com/tb.php/245-bcaa7f74
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △

2017-10