Admin   Newentry   Upload   Allarchives

燃えよムチ

馬を見る目はありますが人を見る目はありません

エルムSとエニフS...ややこしぃなー 

三日間開催…
ここまで負けっぱなし(´・ω・`)

なんだろう変則日程って、こんなにムズかったっけ?

札幌のエルムSと
阪神のエニフS...エニフって一体なんぞや!?

札幌11R
エルムS
◎ランフォルセ
○バーディバーディ
△エーシンモアオバー

ランフォルセが前で競らないかと何度か考えたが
どうかんがえてもモアオバーの楽逃げっぽい
かといってモアオバーが直線手前でランフォルセに捕まるのも視え視え
なぜならばランフォルセはそういう競馬で勝ち上がってきた
目標を前に置き、前を捉えに行く競馬に強いのだ
こうなると楽逃げとはいえモアオバーには少しキツイ
後続から強烈な差し脚を繰り出しそうなクリールの動きが悪く
オーロも59ではどうか、やはり実績からバーディBの
堅実な脚が有利か
動きも良いダイシンオレンジが能力的には劣らないハズだが
如何せん速い上がりになると分が悪いように思う
阪神11R
エニフS
◎ケイアイガーベラ
○ダノンカモン

ここは斤量との戦いだろうか
ガーベラは牝馬の57キロ、牡馬換算で59キロ
当初はこれほどの酷量なのでスルーかと思っていたが
よく考えれば登録の時点、そして放牧から戻している時点で
分かってここに使っている。
単純に56キロでいけたから、56.5キロを克服出来たから
とはいえない牝馬の57キロである。
個人的にもかなり不安だが、恐らくレースは楽に頭を獲れるはずだ
通常阪神1400Dは外枠絶対重視である。
コース形体から芝コースを少し走るが外の方が長く芝を走れるのが
勝因の一つである。特に逃げ先行馬にとっては…だ
今回のレース改めてみると前へ行く馬が少ない
外枠といっても今回は小頭数、10番枠でもそう内枠と差はない
ケイアイテンジンが押して逃げれば、あるいはと思うが
同馬主そして乗り手はカッチー
57キロでスタートダッシュに失敗しなければガーベラがペースを作る
無論このレベルの戦いなのでペースは緩くはない。
それでいいと思うし後は後ろだろう
対抗のダノンカモンの59キロの方が見た目的にはマシである
こちらは大型馬の部類である。条件戦とはいえ58キロで勝ち鞍もあり
外枠でなくても内枠でもまれても強い
本来ならば地方GIで勝ち負けしているレベルで、重賞で勝ちきれない面が
賞金面でここにきて痛い。本当にこの1400D界はレベルが高い。
何度か接戦になっているマルカベンチャーとの比較だが
4キロのアドバンテージが気になるが、ここは前に行ける方が有利と見る

ブログランキングに参加しています
にほんブログ村 競馬ブログ 馬体・パドック理論へにほんブログ村 競馬ブログ 競馬コラムへ
ポチっと押してね! ☆(ゝω・)vキャピ
関連記事

Category: 競馬予想

Thread: 競馬予想 - Janre: ギャンブル

TB: 0  /  CM: 0

top △

この記事に対するコメント

top △

コメントの投稿
Secret

top △

トラックバック
トラックバックURL
→http://moemuti.blog77.fc2.com/tb.php/255-c7def636
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △

2017-10