Admin   Newentry   Upload   Allarchives

燃えよムチ

馬を見る目はありますが人を見る目はありません

神戸新聞杯及びオールカマー回顧 

今日のお題、レース回顧ってかいていますが
回顧するレベルでは無かったのが正直な感想
そう
今回の神戸新聞杯もオールカマーも、とても回顧するレベルに
至らない見るべきところの少ないレースだったと思う。

神戸新聞杯
オルフェーヴルが強いのは分かっていた事であり
ここ数週の調教もよく、死角らしい死角もなかったので
この結果は予想通り。しいて言えば前半少し行きたがっていたが
かなり遅いペースで途中から折り合っていただけに
菊へ向けて非常にいい形でTRレースを通過したと思う。
現時点で私が見てきた菊へ向かう二冠馬の中では、
ナリタブライアン、ネオユニヴァース、ディープインパクトの三頭中でも
今回が一番楽なように感じる。恐らく敵はいない。

他馬に関しては、馬単体のレベル自体が低いというよりも
戦闘意欲が非常に乏しかったことがあげられる。
結果的に3着に入ったフレールジャックの福永には本当に失望する。
休み明けとはいえ、出も悪くなく先行すると思って
馬券を買った人は多いのではないだろうか?私こと楯無も馬券は買っていないが
福永は先行すると思っていた一人である。
今回のメンバーで菊での距離適性を考えると、オルフェーヴル以外では
この馬くらいしか血統的背景で長距離に耐える馬がいないのだ。
今回の上がり、そして前走時の上がりも優秀だが、これはペース次第で
なんとでもなるレベルである。福永がオルフェーヴル参加レースにでるのは
これが初めてではない、なぜ前で競馬をしないのか疑問である。
それほど末脚自慢とも言えない同馬で何がしたかったのか甚だ疑問である。
次に同じ理由でCW一番時計で参戦したショウナンマイティ武豊の糞騎乗も酷い。
ショウナンマイティ自体はまず長距離に耐えうる馬ではない。
陣営の見通しはどうであれ、まず武豊ほどの騎手ならば
分かっているハズである。その為に脚を溜めて直線勝負に賭けたとも
思えるが、武豊自身は現時点で菊出走馬を得ていない。ここで負けて
次の菊で乗り馬を確保できるかどうかすら怪しいのである。
なぜスピードもある同馬で二冠馬の後方という死に役に徹したのか
ペースが遅ければ自分から動いてでも勝ちにいくのが武だったハズ
もう往年の彼の攻めは見れないのかも知れず大変残念である。
ウインバリオシオンに関しては、正直二着確保だからと非難も讃辞もしない
安藤勝己という乗り手は、基本は馬本位であり
オルフェーヴルをマークしたというよりも自然とバリアシオンの
行く気に任せたという感じではないかと推察する。ハッキリ言えば
ウインバリアシオンもショウナンMと同じく血統的に長距離どうのの馬ではない
どこまで自然な感じで持たせるかが大事なくらい適性は少ないだろう
後方待機というよりも、それくらいポワ~ンと行くしかない感じ
気性が良いことから乗り手次第で走れるとは思うが…菊は厳しい一戦になる。
少しだけ良かった点はスマートロビンは権利取りに狙いを定めていたと
思える辺。結果的に権利取りに失敗したが
小牧は自分の役割を分かっていた。この点は実に良かったと思う。
とりあえず思うのは例え相手が強かろうとここはTRという事
賞金のあるものはテスト的なレースをするのも構わないが、出走ギリギリの馬は
攻めるべきである。スタミナ面に不安のある馬も同様である。
2400mこんな極端なスローでは見るべきところは少ない。菊想定には良い面もあるが
2400と3000では何もかもが違う。オルフェーヴル的には良いレースだったが
ライバル陣営の不甲斐なさが際立つレースだったと思う。

オールカマー
阪神同様、見るべきところが少ないレース
前々年のドリームジャーニー、シンゲン、マツリダゴッホの三頭激突
そして前年のドリームジャーニーとシンゲンとの
熾烈なレースに比べると本当に勿体ないと思えるG2だった。
カリバーン程度が対抗にされる段階で、これは相手が弱すぎた
明らかに格の違いだ。G2で格の違いとなると何のためのG2か疑わしくなる
故障といえるか一頓挫あとだけに絶好調とまではいかないレベルで
中山クリア、非常に楽な競馬でありこちらも見るべきところは少なかった。
JC、有馬でのパフォーマンスに期待したい。
ちなみに秋天に出てくるようならば、正直どうかなと思う。

ブログランキングに参加しています
にほんブログ村 競馬ブログ 馬体・パドック理論へにほんブログ村 競馬ブログ 競馬コラムへ
ポチっと押してね! ヾ(*´∀`*)ノ゛キャッキャッ
関連記事

Category: 競馬日記

Thread: 競馬回顧 - Janre: ギャンブル

TB: 0  /  CM: 0

top △

この記事に対するコメント

top △

コメントの投稿
Secret

top △

トラックバック
トラックバックURL
→http://moemuti.blog77.fc2.com/tb.php/260-d77efc04
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △

2017-11