Admin   Newentry   Upload   Allarchives

燃えよムチ

馬を見る目はありますが人を見る目はありません

菊花賞2011_相手はどれだ? 

今回のメンバー、追い切りを見て少々がっくりだ
GIという特別な舞台へ
クラシック最終戦へ
二冠馬を落とせる仕上げをした陣営ははたしてどれほどいるか?

はっきり言って関西では1、2頭といった感じだ
関東馬は輸送もあり仕上げ度が違うため断言できないが
栗東組は大半がすでにお手上げ状態なのだろう
調教の良し悪しで言えば、
昨年の菊に出ても着を拾えるものがいるかどうか…といった感じ
馬場が悪かったのもあるが、全体的にぬるすぎる

京都11R
菊花賞
◎オルフェーヴル
○サダムパテック
▲フレールジャック
△フェイトフルウォー

動きの良さそうな馬
オルフェーヴル>サダムパテック>フレールジャック
フェイトフルウォーに関しては直前輸送のためか
ラストのみの仕上げで評価なし

血統と走りから長距離適性に関して
まず血統面からは
恐らく母父ヌレイエフのフレールジャックと
母系にニジンスキーを持つフェイトフルウォーが1歩リード
ステイもディープも血統構成はそう大差なく
母系のプラマイを重視する。
オルフェーヴルに関しては、母父のメジロマックイーンが長距離馬のせいか
距離への適性が高いと思われがちだがマック産駒自体はそう長距離の
スタミナを持ち合わせていない。
走法・馬体から3000は対応可能とみるが上記二頭を上回るものではないだろう。
血統と脚質から穴人気の
ベルシャザールとダノンミルは既成血統で距離への対応は可
父フジキセキのサダムパテックは距離への壁を言われているようだが
そもそもフジキセキは故障しなかったら三冠を獲れた器であり
条件さえ合えば距離の融通がきくタイプだ
母父エリシオはスタミナ面が豊富なタイプで、距離への課題はオルフェーヴルと
差はないと思われる。
馬体はOKだが、こちらは走法が少しピッチ気味である。
ウインバリアシオンは父ハーツクライの時点で一度デキてしまったタイプで
母系からはスピードもしくは切れを繋いでおりスタミナ不足を感じる

本命には二冠馬オルフェーヴルをおしたい。
正直言えば外枠の段階で三冠危うしと思えたが、他陣営の仕上げ度から
そう厳しいプレッシャーをかけそうな馬は見当たらず
ワンサイドになるのではないかと思われる。
この場合、本当の意味で菊で求められるスタミナは必要ない
相手にはTRからここまでの仕上げ度でオルフェーヴルと互角以上な
サダムパテックを抜擢する。皐月賞2着馬が弥生賞の様な
攻めをすれば、恐らく前はさらえてしまうのではないか
地味に皐月二着馬、そして弥生賞馬は菊でも走る
追い切りからは押せないが前走の走りが際立ったフェイトフルウォーと
きっちり仕上げを合わせてきたフレールジャックを警戒したい
二頭とも距離への対応は可能とみる。

楯無がみたトラアイアルレース↓
  ・セントライト記念 回顧
  ・神戸新聞杯 回顧
昨年の菊花賞予想
  ・菊花賞2010

ブログランキングに参加しています
にほんブログ村 競馬ブログ 馬体・パドック理論へにほんブログ村 競馬ブログ 競馬コラムへ
ポチっと押してね! ☆(ゝω・)vキャピ
関連記事

Category: 競馬日記

Thread: 競馬予想 - Janre: ギャンブル

TB: 0  /  CM: 0

top △

この記事に対するコメント

top △

コメントの投稿
Secret

top △

トラックバック
トラックバックURL
→http://moemuti.blog77.fc2.com/tb.php/271-94e80108
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △

2017-11