Admin   Newentry   Upload   Allarchives

燃えよムチ

馬を見る目はありますが人を見る目はありません

2011菊花賞回顧 三冠馬誕生で 

ディープインパクト以来の三冠馬誕生
大きな障害となりえるアクシデントもヒットマンと呼ぶような
刺客も存在せず大変楽な競馬で、その強さのみが際立っていたと思う
池添騎手をGIで推せると思ったのは
シーイズトウショウの時からだろうか、あれから10数年
ちょっとガッツポーズがムカつく彼だが「おめでとう」とい言いたい

思えば、私が最初に生で見た三冠馬はナリタブライアンである。
この馬の菊花賞での強さは暴力的な強さだった記憶している
それほど菊での強さは強烈だった。
三冠馬が生まれる年は傑出した馬が1頭で他馬が弱いというのが多いのだが、
世間では誤解を受ける面もあるが、彼が退けたメンツは弱メンではない。
エアダブリンやスターマンは菊からの折り返しで古馬混合重賞を
完勝に近い形で勝っている。有馬記念で対峙した
女傑と呼ばれたヒシアマゾンもまた傑出した馬であったが
ナリブーの強さは古馬GI有馬記念でも際立っていた。
世代間の比較ではのちに古馬混合GIでの成績が悪かったので相対的に弱く
見られがちだが、三冠の相手は十分例年のレベルであったと思う。
次に見た三冠馬はディープインパクトだが、正直な話
三冠時点の段階でも抜けた存在であった事は事実だが、決して
敵がいない訳でもないハズだがJRAとマスコミそして競馬界に流れる空気は
それを許さなかったように感じる。作られたスターであり
競馬界最後のスターホース、そして作られた最強の馬がディープであったと思う。
そんな敵のいない空気の中、たった一人壁になろうとしたのが
横山典弘騎手だ。彼はアドマイヤジャパンで勝負に出る。
もちろん一か八かに近い積極策だ
今でも現役のシャドウゲイトが逃げ、それを無視したかのように
先手先手で勝ちに行こうとした。彼の動きが無ければ恐らく楽な競馬で
ディープは勝ち、疲労度も少なく有馬も完勝まであったかもしれない。
アドマイヤジャパンはその後JCに挑戦し翌年大阪杯を使い引退している。
無理だなと思う馬でもなんとかする。騎手とはそういうものであって欲しい
なおアドマイヤジャパンはブエナビスタの兄にあたる。

菊花賞 回顧
今日の京都は先週よりも
内、そして先行馬が有利な馬場で前残りとも言えぬような、
先行馬ラッシュだった
兎に角前にいないと話にならず時計も速い
重馬場が急激に回復するときに内馬場から乾くのだが
それ以上に芝の育成ないし補正に問題があったのではないか?と思う

これを見越してかオルフェーヴルを含め有力馬の大半が
かなり早い段階で常よりも前目に付けている
一週目のスタンド前でサダムパテックが少しかかり気味だったが
それ以外の有力ドコは、ある程度おさえていたと思う
二週目の坂の前後で仕上げに問題があった馬と長距離適性に問題があった馬が
脱落したが、進路を塞ぐような感じではなかったと思う。
直線の入り口でオルフェーヴルはすでに前から3頭目
コーナー出口で横並びであり、一瞬で突き抜けてその後は流すレベルで
レコードとコンマ1秒差。恐らく追っていれば1秒は詰めれたのではないか?
そんな圧勝である。
正直、一頭一頭回顧するレベルに達しないレースである。
見どころと言えばオルフェの直線での伸び程度

[オルフェーヴル]
圧勝劇であるが、世間一般で言われるほどダービー時からの成長を
確信できるほどのレースでは無かったので、今後の古馬戦でじっくり見たい。
長距離適性に関しては…速い時計の菊花賞馬には失礼だが
別段適しているかは分からない。父同様融通がきくタイプだろう。
レースに関しては相手がいなかっただけだと思う。
[ウインバリアシオン]
やはり安藤勝己という男は、こういう人だ
積極的に動くと言いつつ馬重視な為、出たなり・馬の気持ちで
位置取りをする。結果的にそれが好位なのかは分からない。
あの位置から極端な話ディープばりの脚を使っていたとしても
オルフェは捕えられないし、それは神戸新聞杯時に分かっていたと思う。
できうるならば早め早めの競馬で場内を沸かしてほしかった。
結果的に二着に入ったが評価はしない。勝負の後だからだ
三冠馬のライバルとは言えない、不甲斐ない一戦だったと思う。
[トーセンラー]
よくあの位置まできたなといった感じである。位置取りが良かったのと
体調の良さだろうか。体形からは長距離適性に疑問があったが
勉強不足を痛感する。結果は三着だが今日の銀メダルはコイツだろう。
[サダムパテック]
正直、どういう感想をすればいいか悩む
距離に関して問題があったか?ではなく「なぜ」直線入り口で
オルフェを待ったのか?という事
岩田の頭はバカなので中を見ても理解できないだろうが
もうワンテンポ、2秒ほど仕掛けを早くして馬群を抜け出せなかったのか?
一週目スタンドを回った時点で折り合い、坂の手前までを見るに
手応えから行けるなら行くべきだったと思う。たとえそれで
直線で垂れても、そして着が拾えなくてもそれが勝負だと思う
馬に関してはかなりデキていたと思う。レース後、一瞬だが
パテックに勝負師の時のノリが乗っていたら、恐らく抜け出していたか
もしくは後方から差し込んで着を拾っていたと思う。

馬券は記念馬券があたったのみで収支は完全にマイナス
菊でマイナスって久しぶりです
地元なのにホント馬を見る目が無くて情けない

でも今年はディープの時と違い、すっきりした三冠で凄く楽しかったです
見に行って良かった^^

2011kiku003.jpg
2011kiku001.jpg 2011kiku.jpg
2011kiku004.jpg 2011kiku005.jpg

ブログランキングに参加しています
にほんブログ村 競馬ブログ 馬体・パドック理論へにほんブログ村 競馬ブログ 競馬コラムへ
ポチっと押してね!ヾ(*´∀`*)ノ゛キャッキャッ
関連記事

Category: 競馬日記

Thread: 競馬回顧 - Janre: ギャンブル

TB: 0  /  CM: 0

top △

この記事に対するコメント

top △

コメントの投稿
Secret

top △

トラックバック
トラックバックURL
→http://moemuti.blog77.fc2.com/tb.php/272-3a19aeb8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △

2017-07