Admin   Newentry   Upload   Allarchives

燃えよムチ

馬を見る目はありますが人を見る目はありません

エリザベス女王杯2011_展望 

好調教馬が多く今年のGIレースの中でも1、2のレースではないだろうか
動きで切ってしまえる馬が少なく予想し易いとは言えないが
動きを重視する自分にとってはありがたい

京都11R
エリザベス女王杯
◎ホエールキャプチャ
○アヴェンチュラ
▲スノーフェアリー
△アパパネ

動きが良さそうな馬
ホエールキャプチャ>ワルキューレ、アパパネ、アニメイトバイオ
>アヴェンチュラ、フミノイマージン、シンメイフジ
>>レーヴディソール、エリンコート(P)、サンテミリオン

まさにGI仕様といった追い切りばかりで少し驚いている
元来メス馬の直前追いとは、一週前に一杯に追い
当週は終いだけなどで馬なり程度で流すのがセオリーだ
そう今週のシンメイフジの仕上げはソレにあたる
ただここ数年牝馬の仕上げは工夫されてきており、
栗東での滞在などもあるが
関東馬も含め当週まできっちり追う事が多くなっている
これが良いのか悪いのか正確には分らない。
個人的にやりすぎた感(仕上げすぎた感)がある時は避けるが
それ以外は積極的に狙っていきたい

秋華賞の後、少しピークのもっていきかたをミスったぽいホエール陣営
先週の時点で甘い追い切りで疲労度を心配したが
今週は栗東でも目をひく動き
ここは捲土重来、逆襲の二文字をイメージした
内枠でアヴェンチュラが恐らく番手競馬になると思うが
池添ならば、それを射程内に置いた競馬になるのではないだろうか
追いこみで真価を表した池添騎手だが、
私個人は、先行して前の相手を捉えに行く彼の方が記憶に鮮明に残る
クラシックで勝てなかった馬の勝ち方を見せて欲しい
相手には秋華賞馬アヴェンチュラ、ほどよく荒れた馬場は同馬にとってどうか
洋芝などの重い馬場と荒れた馬場はまるで違う。
ただ力がいる馬場である事に変わりはない。岩田ならば、ここは番手競馬で
後続を待つ事もなく前を交わして後はソラを使わないかどうか
調教に関しては角居厩舎の常な追い切りで状態は前走と同じく良いと判断した

さて外国馬二頭の取り捨てだが
前年覇者スノーフェアリーが正直、難しく感じる。
体調に関して虫にさされたとか言っているが、JCでよく聞くブラフであろうと
考える。前年よりも勝負意識が強いゆえの公然なるブラフだろう。
去年は水がまかれた形跡があるが、それでも日本の芝にも十分対応できる
あの恐るべき瞬発力を再度この目で見たい気もする
凱旋門賞の結果を出すまでもなく、能力は飛びぬけている
今年にはいって一番斤量の軽くなる当レースが最大目標だろう
勝ちに来た印象もあり
印上、切りたくても去年の脚が恐くて三番手にした
展開を考えると外国馬ダンシングレインがハナにたつような感じだろうか
日本陣営の馬に行きたい馬が見当たらない事もあるが
ダンシングレインは緩急のある逃げ馬で、その辺が恐い
ムルタ騎手は日本に何度も来日している一流の騎手だが、それでも
他国のレースで逃げるのは楽ではないだろう。
なぜならばペースも違うが(脚の使いどころと)仕掛けどころが違うのだ。
斤量も軽く単騎逃げは叶いそうだが…厳しいのでは

栗東で追い切ったアパパネだが、態勢は整ったと思え
能力が高く本番に強いことから最後に抑えたい
京都10R
ドンカスターS
◎ロードラテアート
○ダコール
△アドマイヤラクティ
△ロードオブザリング

休み明けだが仕上がりのいいロードラテーアートから
ダコールは二着病が酷い。よくいる相手なりな馬で
能力の高さは間違いないが勝ちきるのはどうか

京都12R
京都ロイヤルP
◎セイカプリコーン
○トーセンピングス

坂路で動きがいい二頭
内枠だが好位差しタイプなセイカプリコーン
時計の速いダートで結果をだしており、今の京都はあいそう
トーセンピングスはハード追いで絞れてきそうで距離に問題はない

武蔵野Sはパス
調子の良い馬が多く絞れない

ブログランキングに参加しています
にほんブログ村 競馬ブログ 馬体・パドック理論へにほんブログ村 競馬ブログ 競馬コラムへ
ポチっと押してね! (,,・ω・,,)
関連記事

Category: 競馬予想

Thread: 競馬予想 - Janre: ギャンブル

TB: 0  /  CM: 0

top △

この記事に対するコメント

top △

コメントの投稿
Secret

top △

トラックバック
トラックバックURL
→http://moemuti.blog77.fc2.com/tb.php/282-9e6fc3c6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △

2017-10