Admin   Newentry   Upload   Allarchives

燃えよムチ

馬を見る目はありますが人を見る目はありません

フェブラリーS回顧 レースレベルは 

馬券はかすりもしなかったけど日曜の回顧といこう

フェブラリーS回顧
馬連が万馬券になり荒れたようにも見えるが、実際は4番-7番人気決着…
決して狙えない馬ではないと思う二頭だったと思う。
完全に差し競馬になった理由と断然人気のトランが負けた理由もハッキリと
リンクしており、ある程度の目算さえたてていれば買えてた馬券であると考えられる
レースレベル、質ともに非常に高かった。

[テスタマッタ]
第一線の馬であると誰もが知っていたと思う。結果論になるが
若い頃はマイルよりのレースで結果をだしていたが
調子が上がらなかった頃は距離が伸びていたのもあったと思う。
それで大賞典→根岸Sでの距離短縮に対応したのは評価できたが、そこからの
仕上げはあまり良くなくマイルへの対応が懸念され人気を落としていたと思われる。
実際、今回のパドックでも目立つ馬体ではなかったように思う。
根岸Sで間に合わなかった事=ここで突き抜けたと言う事が全てか
競馬は本当に難しい
[シルクフォーチュン]
展開ドンピシャというか同馬にはコレしかなく、自分の競馬をした結果だと思う。
ただ同じタイプにもう一頭強い馬がいたという事か。1600は長いとされているが
南部杯と今回を見れば今後も十分マイルGIを狙える器だ。
[ワンダーアキュート]
馬体重に関しては増減を考えれば問題視するほどではない。
相手関係よりもマークするべき相手を見誤ったのが大きい敗戦。ただしコレは
武や福永も同じなので、どうしようも無かったと思われ次に期待したい。
能力は出し切っているし相当強くなっている。
[ダノンカモン]
和田と同様トランを徹底マークするあまり意識的に仕掛けが遅れ、トランを見限り
臨機応変に外(ワンダー)さらに外(シルク)に併せて前を捕まえにいった点は
高い評価をしたい。展開が悪かったとはいえ十分力を出せたとみたい。
[トランセンド]
圧倒的人気の割にレース前から逃げれない可能性が高い事は周知の事実だった。
テンのスピードがなくJCDの距離でさえ強引に頭をとらなければ
前にいけない事はみんな知っていた。が、それでも番手で行っても
勝ち負け出来ると思う方がどうかしていたのかもしれない。実際、南部杯では
ギリギリで差し返していたが後から見ると根性で差し返したが、
あれはラスト以外では完敗のレース。同じコースと距離、そして南部杯よりも
テンが早く短距離よりの馬が多く考えれば考えるほど危険度は高かった。
スタート自体は悪くは見えないが押さないと先頭集団に取り付けないのが痛かった。
冷静に見れていなかったと反省はするが、逃げ馬に多いよくある負け方で
それほど悲観するほどではない。
ただしドバイWCでは同じような展開になる可能性が高く
戦前以上に不安要素が露呈したと思われる。

ブログランキングに参加しています
にほんブログ村 競馬ブログ 馬体・パドック理論へにほんブログ村 競馬ブログ 競馬コラムへ
ポチっと押してね! ☆(ゝω・)vキャピ
関連記事

Category: 競馬日記

Thread: 競馬回顧 - Janre: ギャンブル

TB: 0  /  CM: 0

top △

この記事に対するコメント

top △

コメントの投稿
Secret

top △

トラックバック
トラックバックURL
→http://moemuti.blog77.fc2.com/tb.php/324-890fba66
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △

2017-06