Admin   Newentry   Upload   Allarchives

燃えよムチ

馬を見る目はありますが人を見る目はありません

2012弥生賞ほか感想 

弥生賞といえば。クラシックへ直結するトライアルレース…
というのは実はもうだいぶ前からそうではない。ここをステップに皐月賞へ
出るのはいいが、ここの勝ち馬から皐月賞馬は近年あまり出ていない。ピサがいた
皐月と同じコース同じ距離というのにだ…
どちらかというと近年は距離が短いスプリングSの方が断然格好をつけている。

普通に考えると、皐月と同条件の弥生賞は最もTRに良いと言える。
それゆえに有力馬が早い時期から狙う為、賞金が足りず権利獲りをしたい陣営は
チャンスのある他のTRレースへ振り分ける。
それゆえ導かれる一つの仮定がある。

弥生賞=有力馬が揃う為→少頭数でペースが緩くなり自然とレベルが落ちる
他のTR=権利獲りを目指し多頭数で積極的な攻めで自然とレベルが高くなる

これは弊害であるが、自然な流れだと思う。
スプリングSが1800mと本番よりも200m短いことも
地味にレースレベルが高くなりやすい理由の一つだろう。
レースレベルとは有力馬の多いレースでなく
こういった多頭数ハイペースでこそ高いレベルのレースが生まれやすい
GIでは総合的な能力も必要だがハードな競馬をしてきた事がプラスになると思え
こういったレースを本来は経験させるべきである。

先週の弥生賞は年始からラ杯勝ち馬アダムスピークが参戦するとのことで
ハッキリ言えば社台の馬の多くが早い段階で出走レースを振り分けられていた。
少頭数は仕方ないが、蓋をあければ社台馬ばかりであり
馬場がおもわしくなかったのもあるが質自体が低かったと言える。

弥生賞
[コスモオオゾラ]
馬場が味方した事が最大の勝因と思われるが、それだけではないと思う。
有力馬の多くがアダムスピークをマークしており仕掛け遅れが目立ったが
柴田騎手の積極的なレースは光っていたと思う。
人気薄の気楽な…的なものだろうか。先行力は高く評価したい。
ただし共同通信杯の上位2頭は斤量プラス1、現時点で重賞馬オオゾラ以下は
オオゾラも含め第二グループと判断したい。
[トリップ]
休み明けなので仕方のない面もあるが最後は甘くなったと思う。
原因は馬場か、それとも休み明けか?
枠順・位置取り、そして馬場を考えると負けるレースではなかったと思う。
クロフネ産駒に多いが相手なりというか、距離もあるのかもしれない。
[アーデント]
どうも基準馬というか多馬との比較に使われそうな感じ
京成杯から着順を一個あげ権利獲りに成功した感じだがOP勝ちもあるため
ここは賞金の上積みのある2着が最低条件だったと思う。
レースに関しては、あまり評価できない感じ。
[エキストラエンド]
おそらく枠順が大外ではなかったら、もしくは乗り手が中山の特性を
熟知していれば、着はあったな
といった感じの敗戦である。C.デムーロが悪いわけではない。
社台のバックアップがあるとはいえ、十分つかえる騎手だと思う。
使えるなら毎日杯を使えと言いたい。

アダムスピークに関しては体が緩かった事と、構え過ぎたのが敗因か
どうにしても同馬には時計面の不安もあったので
本番では当初より危険な面も分かり、いっそう不安に思う。

ダンス産駒クラレントに関しては、やっと頭のデキがアレな橋口先生が
本馬の特性に気付いてNHKを目指してくれるそうで少し安心した。
そもそも中山を使うのが意味不明。
何年何頭ダンス産を扱えば得手不得手を理解できるのか・・・
ダイタクバートラムが走ったのは本格化し体の出来上がった4歳暮れ
ツルマルボーイでダメ、ザッツでダメ
ほかにもウジャウジャ中山で失敗して何も見ていないのか感じないのか
なお距離に関しては母父ダンブレの影響が大きそうなので
現時点で短距離~長距離まで判断できない。
というか、ダンス産は休ますとボケるぞ
NHKまでの間に阪神でマーガレットとか使えないのか先生よ…

人気ブログランキングへ

中日新聞杯
感想としてはスマートギア悲願の重賞制覇でよかったよかった
デビュー後の出だしの良かった松山騎手もこれで初重賞、ちょっと遅いか

レース見解としては見た目通り
新潟よりも坂が出来たせいで東京よりな感じ
単純に東京に見立ててスマギアとダンツで良かったんだなと反省
馬券的には2-3着ワイドで獲れているが、配当が少ない感じ
なお同レースに出走したレインフォーレストが
レース後、予後不良となったそうで残念でならない。

ブログランキングに参加しています
にほんブログ村 競馬ブログ 馬体・パドック理論へにほんブログ村 競馬ブログ 競馬コラムへ
ポチっと押してや!(´;ω;`)
関連記事

Category: 競馬日記

Thread: 競馬回顧 - Janre: ギャンブル

TB: 0  /  CM: 0

top △

この記事に対するコメント

top △

コメントの投稿
Secret

top △

トラックバック
トラックバックURL
→http://moemuti.blog77.fc2.com/tb.php/330-bce8bb48
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △

2017-10