Admin   Newentry   Upload   Allarchives

燃えよムチ

馬を見る目はありますが人を見る目はありません

函館記念2012_感想 

まず函館2歳Sに関しては、道中不利がたくさんあり
敗者の個別評価はしない。勝ち馬に関しては
抜け出しや通ったコースを見るに十分次もあると思う。
人気を背負ったアットウィルについては、負けるべきして負けたレース
出遅れなどは気性やセンスもあるので次をみればいいが
馬体に関してはよく出来ていたように感じる。
早熟度は高い。

函館記念_回顧

おそらくダンス産駒ファンならずともミキパンの抜け出しには
心躍ったのではないだろうか?
理想的な番手競馬からコーナーで外から並びかけ、
直線に入ったところいっきに単独で抜け出し
そして後続を突き放す。
言葉だけで見ると横綱競馬と言っていい王道の勝ちパターン

これで負けちゃうんだし
もうね

 仕方ない(ノ∀`)アチャー

いやーこれで勝てる馬なら、ここまでジリジリしてないよ。うん。
池添も分かっちゃいるんだと思うけど
どうしようもないよね~
先に仕掛けて抜け出したところまでは完璧
ソラを使ったのかも知れないけどアソコで後ろから並ばれて
耐えれる馬はそうはいない。馬の気性的なものもあるしね~

惜しい。残念…とは言いたくない。
でも「いいもん見せてもらったぜ!池添!」って感じで満足です。

[トランスワープ]
道中、好位からすすめコーナー出口で一度塞がれたようにみえたが
そこから抜け出してきた一瞬の伸びは目を見張るものがあった。
おそらく大野騎手の思っていたレースとは違う形であろうと思われるが
今日の馬場にビタピンに合って
丁度いい前の位置に目標(ミキパン)がいた点が勝因だろう。
ファルブラヴ×リアルシャダイという血から重い馬場・タフネス、
スタミナという言葉が浮かぶ。ぜひ札幌記念にも出てきて欲しい。
[イケトップガン]
後方待機策から一撃必殺的な追い込みかと思ったが、動き出しは遅くない
丸田騎手はこの函館の乗り方が分かっている。それに尽きる。
昨日の時点で書く事ではなかったが、どうみてもこの馬だけ
やたら斤量に恵まれている。巴賞の前哨戦での斤量からここでの差である。
トウカイパラダイスとミキパンを逆転したのは斤量差だろう。
計算上、二頭を交わす事は至極当然である。
[トウカイパラダイス]
少し狙いすぎたように感じる。人気を背負った馬の負けパターンのような。
斤量的にこの位置は想定内。最後の一押しが足りなかったのは
臨戦過程もあるし、この地での仕上げの難しさもあると思う。
[ミッキーパンプキン]
洋芝があっているかというと未だ疑問。ただ今一戦をみても
戦い方一つで重賞で戦える馬であると再認識した。
夏場自体は問題ないようだし次戦も期待したい。

ブログランキングに参加しています
にほんブログ村 競馬ブログ 馬体・パドック理論へにほんブログ村 競馬ブログ 競馬コラムへ
ポチっと押してね! (」・ω・)」うー!(/・ω・)/にゃー!
関連記事

Category: 競馬日記

Thread: レース回顧 - Janre: ギャンブル

TB: 0  /  CM: 0

top △

この記事に対するコメント

top △

コメントの投稿
Secret

top △

トラックバック
トラックバックURL
→http://moemuti.blog77.fc2.com/tb.php/383-ea149c1b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △

2017-09