Admin   Newentry   Upload   Allarchives

燃えよムチ

馬を見る目はありますが人を見る目はありません

関屋記念2013 馬場が読み辛いが… 

思ってたほど前有利では無いなといった感じ
去年は前目にいた二頭で決まったが、あれも腑に落ちない結果だった。
土曜競馬を見る限りはどこからでも、あとやはり末脚が大事か。

新潟11R
関屋記念
◎レオアクティブ
○レッドスパーダ
▲ランリュウオー

動きの良さそうな馬
レオアクティブ>ランリュウオー>レッド
一週前からジャスタウェイ

当初前走時から2キロ減となる前年覇者ドナウで堅いかと思っていたが
中二週のせいか調教が軽い。というか終い重点すぎるのはいいとしても
厩舎の使い方を見る限りは間隔を詰めた事が無く
そして陣営も意識しての軽い調整・・・
おそらくは馬単体に間隔を詰めたくない何かがあるのは間違いない。
ディープ産独特の軽い作りなので、使いづめが恐いのだろう。

本命には3歳時に1600mレコードを叩きだしたレオアクティブ
高速決着または究極の上り勝負の可能性がある為
限界の脚を出せるか出せないかで判断すると
この馬しか居ない。
動きに関しては美浦組みなのでか信頼度は低いが、夏場も良さそうな
雰囲気を調教から感じるし
何よりヨーイドンで最後の上り勝負になりそうなのが良い。
対抗には高速決着に対応出来る血統と自力からレッドスパーダをあげる。
根本的に超がつく高速決着の場合
その距離よりも少し短いくらいの距離を主戦場としていた馬の方が
スピードにおいて対応しやすい事がおこりえる。
前走は長期休養明けから久しぶりの勝利、58キロの酷な斤量を考えれば
その自力が失われたとは思えない。能力的にも押し切れる強さはある。
あとは内の馬場を通る事になりそうな点が不安だが
ヨーイドンになる前に先に仕掛けてアドバンテージを取れれば…。
単穴には動き良く末脚するどいランリュウオー
前走の敗因はいくつか挙げられるが、位置取りが最大の敗因か。
今回初乗りとなる松岡が
どういったレースを考えてるかによると思うが、相手なりに繰り出せる
末脚の破壊力は重賞級であり、勝ちきるとは思えないが
超のつく高速決着にも対応出来ると考えたい。

とりあえず夏競馬の大一番の一つ。
末脚勝負どんと来いメンバーが揃っているがドナウという
目標馬がいるだけに結構ハードな叩きあいの可能性
人気ジャスタウェイの福永は視野が狭くドナウだけをマークしていくので
内側の馬が有利か

ブログランキングに参加しています
ブログランキング・にほんブログ村へ
ポチっと押してね! (,,・ω・,,)ゞ
関連記事

Category: 競馬予想

Thread: 競馬予想 - Janre: ギャンブル

TB: 0  /  CM: 0

top △

この記事に対するコメント

top △

コメントの投稿
Secret

top △

トラックバック
トラックバックURL
→http://moemuti.blog77.fc2.com/tb.php/523-9a56099f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △

2017-08