Admin   Newentry   Upload   Allarchives

燃えよムチ

馬を見る目はありますが人を見る目はありません

キーンランドC+新潟2歳S_2014 

新潟も札幌も有力馬が多くまとを絞り難い。

新潟11R
新潟2歳S
◎ミュゼスルタン
○ブリクスト

まず1・2戦しか使われていない馬が大半でよく分からない。
新潟の2歳戦だけに他場からの競馬では上りに不安もあるという状況。
まずは同じ左回りの東京と中京以外の福島組はばっさり切ってしまう。

本命には柴田騎手が手応えを口にしているミュゼスルタン
クラシッククラスでもあまり大きく言わない同騎手の口ぶりからは、
1勝馬にしては期待するものを感じる。初戦の走りは中段から
沈み込む様な走りで、いかにも走りそうな走法に好感。
相手には母父フジキセキのブリクスト
開幕も後半で最内は・・・という懸念もあるが、頭数は多いが
バラけそうな感じがするので流れのままなら直線で1・2頭外へ出すだけ。
中京の新馬戦で他馬よりコンマ6秒離す上りを計時。
距離は200m伸びるので前に付ける事になりそうだが、この上がりならば。

上がりだけなら橋口厩舎のナヴィオンがメンバー屈指で新潟新馬で32.7秒
他馬とコンマ8秒差、後方一機とはいえ例年通り人気になっている。
ただし前走同様の位置と上りでは厳しいと見る。

札幌11R
キーンランドコップ
◎スマートオリオン
○レッドオーヴァル
△ブランダムール

中山適性が高く今秋のスプリンターズSの走りに期待がかかるSオリオン
連闘もある陣営だけに中1週でここを使うのは計画的で
結果次第では直行だろうか。
今回、骨折から復帰の武騎手に乗り替わりと話題も尽きない。
洋芝に関しては4戦して連対3、適性としては高いとみる。
いずれにしろSSの事も含め中段からの内差しが理想。
相手にはレッドオーヴァル
枠が外に行ってるのが少し不安だが、前走比で1キロ軽くなる点
春の時点で函館SSを制したガルボと、ほぼ互角
人気実績からローブティサージュと悩むが前走58キロのガルボと接戦で
格では一歩落ちるが力差的にはレッドの方が上か。
洋芝適性は前走だけで、どうかは分からない。
時計が少々気になるが、洋芝適性を重くみてブランダムールに△
函館・札幌で8戦して馬券内が7度
時計の掛かる芝が合うのか力のいる馬場でこの実績は褒められる。
ただしキーンラドコップはメンバーがよく時計も速い時があり
それに対応できるかがカギか。中山で1分7秒6があるので、対応して欲しい。

ブログランキングに参加しています
にほんブログ村 競馬ブログ 馬体・パドック理論へにほんブログ村 競馬ブログ 競馬コラムへ
ポチっと押してね! ☆(ゝω・)vキャピ
関連記事

Category: 競馬予想

TB: 0  /  CM: 0

top △

この記事に対するコメント

top △

コメントの投稿
Secret

top △

トラックバック
トラックバックURL
→http://moemuti.blog77.fc2.com/tb.php/627-67d6190e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △

2017-08