Admin   Newentry   Upload   Allarchives

燃えよムチ

馬を見る目はありますが人を見る目はありません

弥生賞_2015 

皐月・ダービー、そして菊花賞まで繋がるTR
それが弥生賞。
皐月と連動するのは、同じコースなので分かるとして
ダービー・菊となると条件も違うし成長度もあるはず。だが、
ここに参戦していた馬がダービーや菊で善戦するのは周知の事実。
それだけ各陣営が優秀な馬をあえてこれに使うというレース。
それが弥生賞。
皐月だけを考えるとスプリングSの方が直結度は高い。
が、クラシック三戦という目線で見ると弥生賞の方が圧倒的に繋がる。

中山11R
弥生賞
◎シャイニングレイ
○グァンチャーレ
▲クラリティスカイ

動きのよさそうな馬
グァンチャーレ>クラリティスカイ>トーセン>ベルラップ

ベルラップは全体時計は良いがラストが甘いので下げる。
クラリティが気持ち緩い仕上げに感じるが、これは恐らくいちょうS時に
体重が減っているので、その為の調整分かとみる。

雨の影響がどこまで残るのか読めないが、影響はあると仮定する。
本命にはシャイニングレイ
相対比較が難しくなったクラシック戦線なので、本番まで力比較はしにくいが
同条件の中山2000mの新設重賞勝ち。
時期的に最終週だった点が今回と違うが、雨が降った事で条件的には近い。
なおパンパンの良馬場であった場合は△予定だった。
対抗にはグァンチャーレ
既に6戦を消化し経験値が高く、前回のシンザン記念で賞金的にはクリア。
調教から馬自体がどんどん良くなっている感じで
今回の動きも良さが際立つ。
クラシック路線にはこういう馬がいる。一戦一戦糧として伸びるタイプ。
東京で出遅れたり切れ負けたりして経験を積み
鞍上も武にシフトしたのは長期的に教育させる気ともみえる。
血統的に父スクリーンヒーロー産駒の傾向はまだ分からないが
グラワン直系でありパワー勝負にも対応するのではないだろうか。
一昔前はシンザン記念勝ち馬と言えば尻すぼみ感があったが
近年は活躍馬が多いイメージである。人気の盲点か。
あとは前評判の高いクラリティスカイ
ただし馬は良いが、こちらは距離の壁がありそうなので
中山2000mは良いにしてもダービーまではどうか。
走ってみないと分からないと陣営も思っているだろうから
今回のレースは、馬場が悪くなった事でダービーを見据える意味でも大事。

ブログランキングに参加しています
にほんブログ村 競馬ブログ 馬体・パドック理論へにほんブログ村 競馬ブログ 競馬コラムへ
ポチっと押してね!(*´∀`*)
関連記事

Category: 競馬予想

TB: 0  /  CM: 0

top △

この記事に対するコメント

top △

コメントの投稿
Secret

top △

トラックバック
トラックバックURL
→http://moemuti.blog77.fc2.com/tb.php/664-03b0ac6c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △

2017-06