Admin   Newentry   Upload   Allarchives

燃えよムチ

馬を見る目はありますが人を見る目はありません

阪神大賞典とスプリングS_2015 

めっちゃ快晴。
あー春が来てる~そんな感じ~
みたいな。軽い高揚感と気だるい感じもあるような
恐らく花粉のせいかも(?

阪神11R
阪神大賞典
◎ラヴリーディ
○ゴールドシップ
△カレンミロティック

動きのよさそうな馬
ラストインパクト>>スズカデヴィアス

本命にはラヴリーディ
2-3歳時にマイルか長距離(中距離以外)に出る様な感じの馬と評したが
現状は2400mまでと見られている。が・・・血統構成からの適性で言えば
伸びてこその可能性が高い。ニジンスキー、トニービン、リアルシャダイと
母系に長距離属性持ちが多くこんな牝馬が現役時代に結果が出せる訳が無い。
無理やり気味にオークスまで辿り着いてしまったような母だった。
もっと長い目で見て、5歳くらいまでゆっくりやって欲しかった・・・
快晴のパンパンの良馬場となれば前々から押切りまで考えたい。
鞍上はシュタルケ騎手。フォゲッタブルで同重賞3着があり、その時も前々だった。
相手にはゴールドシップ
阪神コースでの抜群の相性は特筆されるもので、ココでの安心感は高い。
前走の負け時よりも動き自体は目立つものではないので、
ここらは判断材料としては悩む所。ただし長距離馬はあまり動かないのも事実。
正直一本かぶりの人気だけど消すような材料が無い。
後はデムーロのカレンミロティック
深く考えずデムなので。

中山11R
スプリングステークス
◎ベルーフ
○ブラックバゴ
▲リアルスティール

動きのよさそうな馬
キタサンブラック>ベルーフ

確かに共同通信杯は強かったと思うが、ここは京成杯1・2着馬を。
去年の2歳戦から今年のクラシック路線は、東西で振り分けがあり
直接対決のような場面が少なく力が比較し難い面もあったが
ようやくというかトライアル付近までくれば、少しづつ見えてきている。

一応の基準馬としてソールインパクトを指標としているのだが
ホープフル-京成杯、以前もあった路線ではあるが
恐らく朝日杯が阪神に移動しホープフルが重賞化したことで
この組が皐月までの主要路線化するかもしれない。
ソールは東スポ2歳でサトノクラウンの僅差3着
その後ホープフル-京成杯-共同通信杯と、上で書いている主要ステップを
掲示板らへんで通過し対戦実績から上下がみえてきた。
共同通信杯は東スポ2着のアヴニールマルシェが500万上りと新馬に負けて
距離適性に少し疑問がついたが、東京コースの位置取りもあるだろう。
単純比較だと共同通信杯>弥生賞となる。
ただし施行時期やメンバーを見ると弥生賞>共同通信杯か

リアルは2度目の遠征に中山を選んできたが共同-スプリングSは
データ的にいうと上位3着の連対率はかなり高い。
またデータ的には朝日杯(中山開催時)上位馬のスプリングSも
非常に相性が良い。ただし阪神開催だったので、どうなるか分からない。

過去のデータで言えばリアル-ダノンプラチナが鉄板クラス

上位を踏まえて、も、あえて私が買いたいのは
ベルーフとブラックバゴ
賞金的に言えばデータでの鉄板組みよりも気持ち稼ぎたい組
そして中山のステップを踏んで本番へ行くと言う意思。

正直言うと力差はほとんど無いと思う。
4頭の3連BOXとかが安全か

ブログランキングに参加しています
にほんブログ村 競馬ブログ 馬体・パドック理論へにほんブログ村 競馬ブログ 競馬コラムへ
ポチっと押してね! ☆(ゝω・)vキャピ
関連記事

Category: 競馬予想

TB: 0  /  CM: 0

top △

この記事に対するコメント

top △

コメントの投稿
Secret

top △

トラックバック
トラックバックURL
→http://moemuti.blog77.fc2.com/tb.php/668-2553d29e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △

2017-10