Admin   Newentry   Upload   Allarchives

燃えよムチ

馬を見る目はあるが人を見る目はありませんよ

秋競馬開幕 セントウルSと京成杯AH 

開幕週なんで、やっぱ前が有利
今日も見てたけど、当然の結果かなぁってのは多かった。
ただし重賞クラスになると、そう単純に決まらないけど
騎手間の力関係はわりと変わりつつあるので、案外やっぱ前なんじゃないかな

中山11R
京成杯
◎シベリアンスパーブ
○ペイシャフェリス
△ピークトラム

動きのよさそうな馬
ダノンリバティ>ペイシャフェリス
ダノンリバティはやっぱりよく動くし、さらに距離を短縮するか
再度ダート戦線の方が良い気がする。

本命にはシベリアンスパーブ
関東馬だけあって中山適性が高く開幕の速い競馬にも対応可能な馬。
昨年末と今年の年始に重賞で3・4着、自力から考えるとここでも勝ち負け可能。
ただし1600万下で長い間賞金を稼げていたので勝ち味は薄いような気がする。
鞍上は元主戦の松岡を確保できたし期待したい。
相手にはペイシャフェリス
ここ数戦は乗り手の問題と距離が敗因かと思う。中山1600mは相性が良さそうで
開幕自体もOK
大野君で1戦2着一回と、前走から比べると幾分かマシにみえる。
OP勝ちの勢いでここも先行出来れば面白い・・・かもしれない。
あとはピークトラム
関谷記念で大敗して敗因を見つけづらいが、時計自体は相当早いし、
ある程度スピードの限界があるのかと思う。中山開幕週とあって時計勝負になると
少し心配な面はあるものの、快速馬なども居ないし展開的にはそう速くもならない。
自力が安定した今なら背負いなれた56キロでハンデ戦なら初重賞も可能か。

名のある馬や、速い時計持ち、3歳のマイル有力組と見どころが多いが
ここは実績と中山開幕馬場を考えて攻めたいと思う。
シベリアンが勝ち味が薄いため、馬券的にはワイドが主軸になる。

阪神11R
セントウルステークス
◎ネロ
○ダンスデイレクター
▲エイシンブルズアイ
×ビッグアーサー

動きのよさそうな馬
ネロ>ビッグアーサー、アットウィル>エイシンブルズアイ
4頭を選抜したが、さすがは古馬短距離GIの前哨戦だけあって
メンバーのほとんどが好調教で目移りがする。
大一番であれば時計よりも走り方や調教の仕方、コーナーの立ち上がりに
脚の蹴りや砂の飛び方等見るべき点が多いが
中二週でGIを控えるだけに出走可メンバーとそれ以外では、やはり違う気がする。

本命にはネロ
森厩舎なので坂路でこれくらい動いても不思議が無いのだが、それでは突き抜けている。
今年は得意の直線1000mで勝てなかったが、そのスピードに疑いは無い。
古馬になってからは大きく負けた事は少なく単距離馬としてのポテンシャルは高い。
今回はメンバーを見るに前に行きやすく、絶好の重賞勝ちのチャンス到来か。
相手にはダンスデイレクター
体質が弱く春はGI回避。正直言って中山1200mが合いそうにないので、
ここでビッグアーサーとかスプリンターズSに出るメンバーを撃墜して置きたいところ。
不安点は高速競馬の経験値が少なく、そうなった場合掲示板に居ない可能性があるが
意図的に浜中が前にいけば、それこそ相手なりに走るかもしれない。
能力的には現時点のビッグアーサーよりも上であると思う。
2キロ差があるし、よほど下手を討たない限りは勝ち負けを期待したい。
単穴にエイシンブルズアイ
今年のオーシャンS勝ち馬で高速決着にも対応可能。
あとは乗り手が、前で行くか後ろから行くか、レースを読めるかどうかだと思う。
この馬もビッグアーサーと2キロ差になるので、ここで勝てないとGIが不安になる。

相対的に2キロ差を考えるとビッグアーサーは3番手か4番手に控えるしかない。
確かに宮記念は高速決着で乗り手も見事だったと思うが
馬自体がアレで一気に強くなった訳ではない。
能力的には高いものがあったが今回のダンスやエイシンより強いかは微妙。
コースや流れで力差は変わるレベルだし、ましてや今回は2キロ差
本番を目の前に無理な競馬はしないはずで、福永もそこを考えると取りこぼしそう。

強気にビッグアーサーを蹴ってみたいが
ここはパドックまで思案を巡らせたい。

ブログランキングに参加しています
にほんブログ村 競馬ブログ 馬体・パドック理論へにほんブログ村 競馬ブログ 追い切り重視へ
ポチっと押してね! ☆(ゝω・)vキャピ
関連記事

Category: 競馬予想

TB: 0  /  CM: 0

top △

この記事に対するコメント

top △

コメントの投稿
Secret

top △

トラックバック
トラックバックURL
→http://moemuti.blog77.fc2.com/tb.php/734-350e615c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △

2017-06