Admin   Newentry   Upload   Allarchives

燃えよムチ

馬を見る目はありますが人を見る目はありません

皐月賞_2018予想 

どうも雨という事で難しい。
日曜の午前に芝2200mがあったが、完全に差し馬場
見るからに内は厳しいという判断もあったろうし
実際に良くないのだと思う。開催ももう終わりだし

中山11R
皐月賞
◎ジャンダルム
○ステルヴィオ
▲エポカドーロ
△タイムフライヤー

動きの良さそうな馬
グレイル、タイムフライヤー>ジャンダルム>エポカドーロ

断然人気であったろうダノンプレミアムの回避で混戦模様
ただし良馬場だったら、データも使えるし中山2000mは適性が出やすく
馬場さえ分かればある程度は目算がたつというのが持論
これに加えてやや重というのが難解に拍車をかけるか
本命にはジャンダルム
まず血統から距離を測るのだが、本来であればパワー重視の馬場で
2000m以上の距離適性が必要かと思うが、中山コースは特殊
中山コース適性を重視し騎手の経験と動きの良さで選んだ。
まずホープフルでの中段からの抜け出しを見るに
急坂へ掛かる辺りの伸びが良く、弥生賞でも目標を前に置いて
きっちり自分の脚は使ってたと思う。ただTRでの武騎手の乗り方は周知の如く
脚を計りつつで、打倒ダノンプレミアム一番手と考えていた。
目標の回避発表が早く、武のイメージも出来つつあると思う。
相手にステルヴィオ
馬場に関しては後述するが、皐月賞は弥生賞よりも
スプリングSとの関連性の方が高く、そこはペースの差であると考えられる。
弥生賞は各馬が折り合いに専念するため、ダービーをも意識した戦いになるが
スプリングSは本番より200m短い分、ペース・質共に高いものになりやすい。
と、ここまでは毎年書いていると思う。
今年も終わってみれば2頭が完全に抜けたパフォーマンスを出しており
この二頭に関しては前々で競馬するエポカと後ろからのステルヴィオと
脚質に違いがあるが絶対に馬券に入れておきたいと思う。
ステルヴィオはパワーがいる洋芝の重馬場を経験しており不安点は無し。
ただし前に目標がいると能力を出せるが、前を想定以上に早く交わすと危ないかも

三番手には上で上げたとおりエポカドーロ
小倉・中山での走りを見るに先行抜け出しの能力が極めて高い。
また血統面や走りから、軽い重馬場であれば味方に出来る走法だし
極端に前がかりのレースでなければコース次第で残せるんじゃないかと。
ただし前でしぶといアイトーンを目標で内で仕掛けると恐い。
あとは前哨戦でスピード不足を露呈したタイムフライヤー
ただし、休み明けの一戦、伸び行く成長力、そして時計が掛かる重馬場と考え
中山での坂での伸び具合も考慮して押さえておきたい。
なお坂の伸び方だけで言うとワグネリアンにも印をと思うが
先週、今週と動きが目立つことなく、馬体維持にいっぱいの可能性もあるかな、と。

展開的にはアイトーンとケイティクレバーのどちらかの逃げ
両馬は一度ぶつかってるが、その時はケイティが頭をとってるが、今回は騎手変り
そうなると国分君が押して行くか。ケイティの方は浜中という事もあるが
安田の息子の方で、調教師として「絶対に行ってくれ」とは言わないはず。
あとはサンリヴァル、エポカ、ジェネラーレウーノあたりになるが
田辺がもしかしたら途中で先に動くかもしれない。休み明けなので。
流れ的には気持ち中段から後方待機組か

分からないのはキタノコマンドール
デムが乗るので内から直線も内目を一気に上がるつもりだとは思うが
結果的に馬に適性があるか無いか無視で内を狙う事が多く
終わってみれば好判断、失敗すれば思った以上に馬場が悪く~という話
正直、こういう馬場の時は博打度が高い。

ブログランキングに参加しています
にほんブログ村 競馬ブログ 馬体・パドック理論へにほんブログ村 競馬ブログ 追い切り重視へ
競馬ブログランキングへ

ポチっと押してね! ☆(ゝω・)vキャピ
関連記事

Category: 競馬予想

TB: 0  /  CM: 0

top △

この記事に対するコメント

top △

コメントの投稿
Secret

top △

トラックバック
トラックバックURL
→http://moemuti.blog77.fc2.com/tb.php/812-02d0c6aa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △

2018-04