Admin   Newentry   Upload   Allarchives

燃えよムチ

馬を見る目はあるが人を見る目はありませんよ

カテゴリー「競馬日記」の記事一覧

安田記念2014 ジャスタウェイで良いのか? 

本当にジャスタウェイで良いのか?
こちらに参戦と聞いた時点で、去年のエプソムCから考えれば
条件的には良い、むしろ毎日王冠の成績からも好走可能レース
安田記念と秋天の連結で言えば
ギャロップダイナやツルマルボーイなど強烈な差し脚を持った馬であれば
東京の直線でなんとでもなるといった感じ(両馬とも片方は2着)
ただし今回は土曜日の降雨、そして日曜もパラ付くと言う馬場である。

東京
11R安田記念
◎ホエールキャプチャ
○クラレント
▲エキストラエンド
△ダノンシャーク

動きのよさそうな馬
ダノンシャーク>ミッキーアイル>カレンブラックヒル>クラレント
1週前からカレンブラックヒル
なおフィエロとかCW組はトーセンラーも含め軽快な動き
(ただ最近CW組で馬券を組んでたけど、マジで走らない

時計的にはミッキーアイルでいいと思うが、陣営のコメントをみると
少しやり過ぎ感が漂う。勢いのある3歳なので構わないとも言えるが
輸送を考えるとテンションが不安。
また明日は重馬場が濃厚で逃げを選ぶ場合、かなりタフな競馬を強いられそうで
そういう競馬で耐えれるか不明。というか厳しいか。

本命には重馬場適性が無いのかあったのか、よく分からないホエールキャプチャ
東京新聞杯は降雪の後の重馬場だが、あのタフな馬場に牝馬としては
酷ともいえる57キロでの完勝。いやはや、どう考えても東京なら抜けている。
前走のヴィクトリアマイルだけをみると展開のあやと言うか、位置取りの差
あの位置で競馬をした最大の理由は、安田記念を視野に入れていた為といえる。
あそこが春の最大目標であれば、前々で競馬をしても良かったはず。
次につながる競馬であり、最大目標であるここへの為だったと考えたい。
小雨で渋った馬場を嫌がる様であれば圏外もあるか・・・

対抗には東京新聞杯で同斤量のホエールに完敗のクラレント
一週伸びた影響度では、輸送も二度ある点とかいろいろあったが
さすがに力差を感じた。
ただしステップ的には1400mを挟んだこっちも理想的なローテで
臨戦体制的には五分か。気持ち外枠に行ったのも、今回の様な馬場では有利
川田になってから勝ちきれない面があるが、相手なりに走る面もあり能力は高い。

あとはこちらも上記二頭同様東京新聞杯を経由しマイラーズCからとなる
エキストラエンド。あの馬場オールマイティーに近いローエングリンの下である。
東京新聞杯の斤量比較から三番手にしているが馬場適性は高いか。
テン乗りの横典が極端な競馬をしなければ・・・
押さえの△にダノンシャーク
前年の安田・マイルCS3着馬。ここと同じ条件の富士Sも勝っており
条件適性は高い。重馬場適性ははっきりとは分からないが苦にはしなさそう。
動き良く流れに乗れれば。ただし軽い馬なので、直線で内を避けた馬が
真ん中でゴチャつくようだと厳しいか。

ジャスタウェイに関しては近5走、最速の上りをマークしており
重い馬場での能力適性に疑問あり。またドバイでの評価が高いが
欧州の重い芝ではないので、ぶっちゃけ無視した。
単純に考えればエプソムと毎日王冠からクラレントと差は無いし
末脚の破壊力が落ちるであろう馬場を考えれば切り捨てたい。

ブログランキングに参加しています
にほんブログ村 競馬ブログ 馬体・パドック理論へにほんブログ村 競馬ブログ 競馬コラムへ
ポチっと押してね! ☆(ゝω・)vキャピ

Category: 競馬日記

TB: 2  /  CM: 0

top △

優駿牝馬 オークス2014 一強 

新潟2歳Sで後の皐月賞馬となるイスラボニータ以下をなで切りにし
阪神JFで躓いたとはいえ、ここまで世代No,1と言われるハープスター
死角はあるにはあるが逆らう選択はあるのだろうか

東京11R
オークス
◎ハープスター
○フォーエバーモア
△マーブルカテドラル
△ブランネージュ

動きのよさそうな馬
ハープスター>マーブルカテドラル>>>ブランネージュ、フォーエバーモア
見た目だけで言うと
ブランネージュとフォーエバー、ただし前者はポリ、後者は芝追いなので注意
個人的にはベッラレジーナの追い切りは好感が持てるが
3歳牝馬の関東遠征の大一番と考えるとオススメは出来ない。

能力云々は現時点でしか言えないが、ハープスターが抜けているのは確実。
その強さが世代No,1なのかどうかは現時点では不明
距離に関しては未知数だが、新潟や阪神1600m戦を見るに
直線の長い府中はこの馬に有利にみえる。
また川田騎手は前走の桜花賞で5大クラシックに王手をかけており
このオークスも過去にテン乗りで勝っている事から騎手側からの死角は少ない。
新潟S移行、牝馬上位同馬が世代一位と思っていただけに
ここは◎でいきたい。
相手にはクイーンC馬フォーエバーモア
オークスと連結し易いクイーンCというのがあり、東京に戻る事で真価が問われる。
また前目での競馬も経験があるが好位差しといった感じで
周りをみれる馬であるように思え、今期調子の良い蛯名騎手であれば
仕掛けのタイミングはそうおかしな事にはならないと判断(先週のは惜しかった
動きに関しては芝追いという事で良い意味で調整してきたと考えたい。

単穴候補は無し
印的には△になるがフォーエバー同様2着候補としては
マーブルカテドラルをあげたい。
阪神JF5着、桜花賞7着、血統構成の点で言えば、この馬が最有力と思える事と
最終追い切りの動きも良く善戦は可能。
またフォーエバー同様東京1600mとハープスターと走った新潟2歳Sから
東京へのコース変わりは魅力的で浮上の余地はあると考えた。
あとは時間ぎりぎりまで馬場と相談になるが、ブランネージュにも△
ポリ調教は流しに近いが短期で東京へ2度目の輸送と考えると、
よく出来ているとも思え仕上がり自体はメンバーでも一番か。
秋山騎手は先行させて残すのに定評のある騎手で可能性はあると思う。
ただし血統からはオークス向きでは無いようにみえる。

馬券は1頭軸の馬単と三連複

ブログランキングに参加しています
にほんブログ村 競馬ブログ 馬体・パドック理論へにほんブログ村 競馬ブログ 競馬コラムへ
ポチっと押してね!ヾ(*´∀`*)ノ゛キャッキャッ

Category: 競馬日記

TB: 0  /  CM: 0

top △

阪神大賞典とスプリングS_2014 

今年の長距離路線
菊の前、菊花賞そして日経新春杯時に押してたサトノノが
一応は主役になると…そう思っていたが
そこまで一気に成長していないような、まぁそんな感じ

阪神11R
阪神大賞典
◎ゴールドシップ
○バンデ
▲サトノノブレス
△アドマイヤラクティ

動きのよさそうな馬
サトノノ>ゴールドシップ、バンデ>

一応GI馬に敬意を評してゴールドシップに◎
動き自体は良しとも悪しとも言えない感じ。時計は及第点だが
葦毛のせいか見た目が良くない。
葦毛馬の馬体判断は非常に難しく、パドックで見てても悩むレベル
不安点としては休み明けもあるが乗り手が岩田に代わる点
岩田騎手は長距離重賞も勝ってはいるが、根本的に馬乗りとして大事な
「馬に負担を掛けない」乗り手では無い。
こと「追う」能力としては日本でもTOPクラスだが
長距離戦に関しては、あまりオススメできるタイプの騎手では無い。
また長距離戦で大事なペースを読み間違える事が多く
大一番では覚えて置きたい。
が、まぁペースを読み間違えたとしても、今回は着は拾うのでは・・・

相手には逃げが想定されるバンデ
正直、よく分からないタイプの馬である。
血統的背景もあり距離は問題無し、乗り手も一応はOK

単穴にはサトノノブレス
前走を見るに少し重かったのもあり、最後は詰め寄られた様に見えた。
慣れない逃げ、とも考えれるが…かなり楽なレースのわりに
あまり余裕を感じられず、ここでどういった競馬になるかが気になる。
年明けからは少しトーンを下げたい。
あとはアドマイヤラクティ、春天4着は当然の血統構成で
四位に乗り替わる点もプラスとみたい。
頭は無いと思うが恐い。

中山11R
スプリングステークス
◎ロサギガンティア
○ベルキャニオン
△サクラエール

動きのよさそうな馬
ロサ>ベルキャニオン

中山1800がどうか分からないがロサギガンティアに◎
馬体からパワーよりとも思っていたが競馬が上手い感じ
末脚もしっかりしておりデムーロなら勝ち負けか
相手にはベルキャニオン
アジアエクスプレスでなく、こちらを選んだ理由としては
単純に距離を伸ばすのと短くするので、短くする方が楽かと
また福永も二度目で脚の使い様はよくなるハズ
あとは最内には行ったサクラエール
ダイシンサンダーがあれだったが、こぶし賞は良かったと思う。
力差的には十分ここでも通用するとみる。

阪神大賞典は三連BOX、恐らく儲からないか

ブログランキングに参加しています
にほんブログ村 競馬ブログ 馬体・パドック理論へにほんブログ村 競馬ブログ 競馬コラムへ
ポチっと押してね! ☆(ゝω・)vキャピ

Category: 競馬日記

Thread: 競馬予想 - Janre: ギャンブル

TB: 1  /  CM: 0

top △

あれから…。 凱旋門賞2013 枠順 

あれから何年か…
武豊騎手が海外に出始めた頃、自分は競馬をしていなかったし
年齢的にも馬券は買えなかった頃になる
それでも京都という土地柄か
京都新聞やTVで武騎手の事は言っていたし、世界へ行く騎手という
そういうニュースは知っていた。
当然、日本一の騎手だと言う事も…

馬券を買い始めた頃に気付いたのは『世界の競馬』は
自分が思っていたよりも非常にレベルが高いという事だった。
当時は競馬ゲームブームの始めであり
ダービー・宝塚を勝てば凱旋門賞へ!みたいなノリだったが
変な話、そういうのが現実味を帯び始めたのは
ナリタブライアンの頃では無かったか

ナリブーは故障が無ければ遠征計画を進めたと言うし、そのナリブーに
土を付けたサクラローレルは凱旋門賞へと続く道の途中で遠征中に故障した
確か前年か前々年にダンスインザダークの姉ダンスパートナーが
ノネット賞とヴェルメイユ賞に挑戦し善戦している。
その後シーキンザパールとタイキシャトルが海外GIを制し
翌年、長期遠征を敢行したエルコンドルパサーが近差2着となり
本当の意味で日本馬の凱旋門賞制覇が見えたかにみえた。

これが私の持つ、凱旋門賞への記憶のはじまりである。
1995~1999
日本競馬界は世界競馬への殴り込みをかけ
その前途は明るかった。
本当の意味で日本競馬が一番良かった頃かもしれない。

単純にその後、多くの日本馬が海外GIに挑戦しGIを制覇しているが
その中でも一番印象に残るのは
やはり凱旋門賞3着入線⇒失格という不名誉な結果となった
日本競馬歴代最強馬の中でもNo,1とされるディープインパクトだろうか。

武が言った「飛ぶ」様なと称された脚を何度も見たが
4歳の春天が一番記憶に残っている。
「驚異」的なものを感じたのは一度だけ
正直な話、自分は三冠は出来レースだった様にしか見えなかった。
それでも、この馬ならばあるいは?と思った凱旋門賞
鞍上も世界の頂上に立てると確信した日本競馬界の夢はやぶれた。
あれから7年…

エルコンを擁した二ノ宮厩舎が送り込んだ
ナカヤマフェスタが2着。
正直、え?っと思った事もあるが『適性』という事をかなり考えた。
単純に洋芝といっても、その国国で違うもの。
ピタっと合う馬ならば、日本最強なんていう肩書はいらないんじゃないか?
エルコンの頃からそういう目で見ていたが、やはりそうなんだっと
結局は絶対能力も大事だけど、それ以上に適性が大事なんだと

今回出走するオルフェーヴルの皐月賞時
あの年は東京開催で行われた訳だが、あの膝下まである深い芝を
突き抜けた脚をみて、これは凄い馬がでてきたものだと
そう感じた事を今でも覚えている。
この馬なら海外でやれる適性がある。そう見えた。
そして去年の2戦。勝てるはずだったと今でも思うし
勝てていたレースであったと陣営も騎手も相手の騎手も思ったという。

競馬は難しい。
武豊はディープインパクトで破れた時に「競馬は難しい」といったが
競馬は難しいのだ。
どれだけ人気があっても、どれほど強くても
競馬に絶対はない。

2013年
オルフェーヴル

キズナ 

凱旋門賞へ

二頭の出走馬に期待したい。

2013年10月4日 枠順発表
(1)ベリーナイスネーム 牡4 59.5 仏国
(2)ミアンドル 牡5 59.5 チェコ
(3)ピリカ 牝5 58 仏国
(4)ゴーイングサムウェア 牡4 59 仏国
(5)リーディングライト 牡3 56 愛国
(6)ルーラーオブザワールド 牡3 56 愛国
(7)フリントシャー 牡3 56 仏国
(8)オルフェーヴル 牡5 59.5 日本
(9)アンテロ 牡3 56 仏国
(10)ペンライパビリオン 牡3 56 仏国
(11)キズナ 牡3 56 日本
(12)ノヴェリスト 牡4 59.5 独国
(13)オコヴァンゴ 牡3 56 仏国
(14)ジョシュアツリー 牡6 59.5 英国
(15)トレヴ 牝3 54.5 仏国
(16)サハワール 牡3 56 仏国
(17)ハヤランダ 牝5 58 仏国
(18)アルカジーム 牡5 59.5 英国

回避する馬が多いと思ったけど18頭か…

ブログランキングに参加しています
にほんブログ村 競馬ブログ 馬体・パドック理論へにほんブログ村 競馬ブログ 競馬コラムへ
ポチっと押してね! ☆(ゝω・)vキャピ

Category: 競馬日記

Thread: ひとりごとのようなもの - Janre: 日記

TB: 0  /  CM: 0

top △

【速報】オルフェーヴル フォワ賞圧勝!次は凱旋門賞! 

圧勝キタコレ!!!!

orufe001_fowa002.jpg

【動画】
【オルフェーヴル連覇】 2013年 フォア賞GⅡ 馬なり大楽勝



これで凱旋門は一番人気もありそう。さすがはスミヨン抜かりなし!
恐いのは3歳牝馬のアレだろうか…

ブログランキングに参加しています
にほんブログ村 競馬ブログ 馬体・パドック理論へにほんブログ村 競馬ブログ 競馬コラムへ
ポチっと押してね! ☆(ゝω・)vキャピ

Category: 競馬日記

Thread: ひとりごとのようなもの - Janre: 日記

TB: 0  /  CM: 0

top △

2017-06