Admin   Newentry   Upload   Allarchives

燃えよムチ

馬を見る目はありますが人を見る目はありません

このページの記事一覧

エルムS+関屋記念_2017 

どうも馬場が読みにくい
札幌は完全に雨からで明日も恐らく影響大
新潟は少しだけど降雨があり、土曜から日曜にかけても降雨あり
で、新潟は朝からある程度気温も上がるし
海にも近いんで風がある程度あるしそこそこは回復しそう
けど地元民じゃないし、正直傾向が見えない。

札幌11R
エルムステークス
◎クリノスターオー
○テイエムジンソク
▲ピオネロ
△コスモカナディアン

休み明けを地方で叩いて相性のいいこのレースに来たクリノスターオー
前走比を考えると2キロ差でピオネロとは逆転可能
問題はテイエムジンソクの力がどれほどか?という一点
ダートOPで無双状態になってても重賞で跳ね返される可能性があり
芝よりも1600万より上の層が分厚いのがダート戦
単純に芝馬よりも息が長い馬が多いせいだが、さてどうか。
ただ時計面や竹之下で1600万で稼いでた事を考えると、相当ちからがある。
正直ダート戦も芝同様、展開で前が有利だったり差し優勢だったりする
そんな所を安定して稼げるのは並大抵の能力では無い。
完全に重りというか枷が外れた状態をイメージしていいと思う。
ここも対抗の印をうちたい。十分重賞戦で戦える。
ルメール騎乗で穴人気どころか2番人気のピオネロ
前走マーキュリーでは先行で前詰まりをしての2着だが、クリノスターオーには
斤量差無しで恐らく逆転は厳しい気がする。
ただし重馬場自体は向きそうで単穴としたい。
あとはコスモカナディアン
正直、柴田大知なら頭まであったと思うがマイネルの都合で新潟へ行き
ここは丹内が騎乗。4度騎乗しているので選択肢はこれしかないのだが
相手関係をみると不安と言える。

新潟11R
関屋記念
◎ブラックムーン
○ダノンリバティ
▲ヤングマンパワー
△メートルダール

動きの良さそうな馬
ダノンリバティ>>オールザゴー
>>ウキヨノカゼ、ダノンプラチナ
中二週となる中京記念組は全体的に軽めのなか
ダノンリバティだけ超抜時計で参戦

本命にはブラックムーン
馬場がどこまで回復しているか、そこがまず気になる。
パンパンの良馬場だと差し切れない可能性もあったが、内が悪くなれば
その分届く可能性があるが外も悪くなってたらどうしようもないという・・・
条件的には中京記念から1キロ減るので、計算上は
ウインガニオンやダノンリバティよりもゴールで前にいるはずである。
走破時計、上り勝負、鞍上、展開と考えると差し切れそうに思う。
対抗にはダノンリバティ
前年も買ってたと思うが、去年とほぼ同じ臨戦過程
谷川岳Sから斤量的に逆転するウインガニオンよりは前にいるはず。
また今回、中京記念組はある程度抑えた仕上げに終始する面々の中
坂路を軽々と登った姿をみるに絶好調とみていい。
あとは松若君の位置取りと仕掛け次第か

正直ウインガニオンを基準にすると上記二頭の逆転は固い気がする。
今回は力のある先行馬もおり温い展開は考えにくい。
また去年のような感じになるようであればリピーターとしてヤングマンパワーを
押さえておきたい。この春の路線を考えれば相手弱可でアッサリもありえる。
で、1番人気のメ-トルダール
というか中2週先の新潟記念の方が良いような気がしている。
前走の1600万下はスローからのヨーイドンであり新潟競馬でも通用するが
マイルの重賞戦線となると、速い展開もあるというか、まぁそうなる。
デムーロでなければ、ここまで人気したかどうか
2000mの重賞G3で勝ち負けできるし、格上の可能性もあるにはあるが・・・。
押さえ程度でいいのではないだろうか

というか、ここも雨の影響ありそうで悩む

ブログランキングに参加しています
にほんブログ村 競馬ブログ 馬体・パドック理論へにほんブログ村 競馬ブログ 追い切り重視へ
競馬ブログランキングへ

ポチっと押してね! ☆(ゝω・)vキャピ

Category: 競馬予想

TB: 0  /  CM: 0

top △

小倉記念とレパードS_2017 

台風が来るか来ないかでヤキモキしたが
どうも台風速度が遅すぎて
台風の速さ:ゆっくり
とかいう時速でもなんでもない表記に・・・自転車よりも遅くて
まさか徒歩並?
急に速度を上げる場合もあるので小倉に手を出していいのか微妙な気配
一応午前中まで今のまま”ゆっくり”進むのであれば競馬に影響はないか

話変わるけど台風が近づくと稀に偏頭痛が起こる
気圧の関係らしいが、あれって通り過ぎても起こる事あるんだよね
人体って不思議?

小倉11R
小倉記念
◎ヴォージュ
○タツゴウゲキ
▲ストロングタイタン
△ベルーフ

動きの良さそうな馬
ケイティー、ベルーフ>ストロングT、タツゴウゲキ
なおケイティーは騎手が追ってるので実際はベルーフの方が
いい事になるが併走遅れとかなのでほとんど変わらないか

本命にはヴォージュ
七夕賞は長距離遠征のある福島というのと、流れに負けた感がある。
今度は小倉への遠征になるが、徹頭徹尾、前前の競馬で定評のある松若で
前前で立ち回りたい。
1600万の走りを見る限りは十分重賞に手が届く域にある。
相手には動きが良く1600万下からの格上挑戦となるタツゴウゲキ
デムーロが乗るし穴人気どころではなくなっているが
かといって無視できるような斤量じゃない(52キロ)
一気に重賞馬になっても何も不思議じゃ無いというか軽すぎる。
でもケイティーが52キロなので51キロでも良いじゃん?みたいな気もするレベル
怪しい
単穴にはストロングタイタン、こちらは1600万下を好時計で突破
55キロの斤量は非常に微妙。条件的にはヴォージュと変わらないのだが。
終わってみたら条件戦をきっちり勝ち上がってきた実績の4歳馬コンビなのかも

押さえは前年の2着のベルーフ、鞍上も去年同様ホワイトを用意と万全
能力的には十分一発を秘める。まぁ毎年届くかどうかな気もするが・・・

新潟11R
レパードS
◎エピカリス
○テンザワールド
▲ハルクンノテソーロ

動きの良さそうな馬
なし
栗東組は新潟遠征は少し軽めにするのが多いので
全体的に終い重点といった感じ
美浦の馬は正直わからん

本命にはエピカリス
正直言うと、この厩舎の馬作りを信用できないので、かなり不安
ただし、いい加減な状態で出して潰すと冗談じゃ無く怒られそうなので
そう考えるとまぁ故障個所は完治して走れる状態にあるとみるべきか。
あとは力関係と流れ次第
正直、初代王者のトランセンドみたいな抜けた感はエピカリスには無い。
1000-1600万の古馬ダート戦線でどこまで通用するか分からないから。
相手本線にはテンザワールド
古馬1000万組を2馬身突き放したのは斤量の恩恵だけではないと思う。
正直印は二番手だけど、一番手にしたいくらい。
和田もバンドワゴンよりこっちに乗って先の先を見て欲しかった。
ポテンシャルという点でまだまだ伸びしろを感じる。
あとはハルクンノテソーロ
大野騎手と高木厩舎・・・ダートしかヤル気でねえぇなぁな感じ

大きな遠征を2つした後だし、とにかくエピカリスは無事に完走を。

ブログランキングに参加しています
にほんブログ村 競馬ブログ 馬体・パドック理論へにほんブログ村 競馬ブログ 追い切り重視へ
競馬ブログランキングへ

ポチっと押してね! ☆(ゝω・)vキャピ

Category: 競馬予想

TB: 0  /  CM: 0

top △

アイビスSD +クイーンS_2017  

土曜の小倉2R
例の川田とデムーロの件だが、映像を見る限りは
川田が行くなら行くでもっと前に出てから内に入るべきで
少し強引にハナに行こうとしたように見える。
ただ、いくら川田が強引に危険なラインで寄せたにせよ
デムーロの肘打ちはマズイと思う。
他にも選択肢があったように思うが、デムには反省はして欲しい。
でも競馬だし、自分の位置を取りに行こうとした二人の騎乗自体は、
馬券を買う側にしてみれば褒めこそすれ非難は出来ない。
他の競技や博打でもあるんだと思うが、単純な話では無い様にと思う。

札幌11R
クイーンステークス
◎マキシマムドパリ
○クロコスミア
▲アドマイヤリード
★ヤマカツグレース
×パールコード

動きの良さそうな馬
アドマイヤリード、クロスコミア

去年の函館成績、愛知杯のやや重、血統からもマキシマムドパリの
洋芝適性は非常に高い様にみえる。
人気のGI馬二頭が目立つが、両馬とも当地でのレースは初
ここは牝馬重賞2勝馬から入りたい。
・・・と思ったらやっぱ3番人気じゃん・・・
対抗にはクロコスミア
明らかに重馬場適正が高いパワー型
函館で勝ち上がり札幌2歳S3着、ここまではある程度の適応力でいいが
重馬場で人気以上に走り、前走の降級戦の函館で時計が出る馬場とはいえ
楽に好時計で昇級。まだ1600万下を走れる身とは言え恐いと思う。

単穴にはアドマイヤリード
正直、ルメールは後ろからの競馬を示唆しているし、調教を見ても
後方からの競馬が濃厚。芝重成績もしっかりあるし、本馬場調教を見るに
洋芝でも十分その末脚は発揮しそう。だが如何せん開幕となると不安
馬券内には来るとは思うが頭までは・・・
あとは一応ヤマツグレースとパールコード
前者は血統から押せるが相手が一段上か
後者は秋に向けて賞金を積んでほしいが、今はまだ何かが足りない気もする。

新潟11R
アイビスサマーダッシュ
◎フィドゥーシア
○レッドラウダ
▲ダンシングワンダー
△アクティブミノル

動きの良さそうな馬
アクティブミノル、ネロ、プレイズエターナル
>フィドゥーシア、レッドラウダ
上段は坂路開門直後でかなり馬場差が良い時間帯での動き
アクティブミノルは前走時がめっちゃ動いていたので、前走以上は考えにくい。
ネロはこれくらいは動く馬

本命にはフィドゥーシア
前回の開催時に初1000mで54秒台を出しており直線競馬への適性が高い。
また石橋騎手は土曜の閃光特別で惜しい二着と、これも糧にしたい。
最終追切りはCW、これで負けたら相手が強かったと思いたい。
対抗にはレッドラウダ
フィドゥーシアとは前走韋駄天Sで負けており、今回は斤量もさらに開くが
騎手は大野へ、一応鞍上強化といえるし、枠はさらに外側に。
恐らく単純な1000m比だと、こちらに分があり前走の0.2秒差は詰めれるか

あとは1000m経験値のあるダンシングワンダーと
少しだけ勢いを戻したアクティブミノル、ただしアクティブは時計がちょい不安
なお当該レースはリピーターが多い重賞レースではあるが
前年比で斤量が多くなると、一流馬でもかなり厳しい傾向がある。
例)カルストンライトオ、カノヤザクラ、シンボリインディ、パドトロワ
 セイコーライコウ
ただし積まれてもある程度は善戦した例もあるし、流れ次第な面もあるか。
今回この条件なのがネロであるが、正直パドックまで判断を保留したい。

ブログランキングに参加しています
にほんブログ村 競馬ブログ 馬体・パドック理論へにほんブログ村 競馬ブログ 追い切り重視へ
競馬ブログランキングへ

ポチっと押してね! ☆(ゝω・)vキャピ

Category: 競馬予想

TB: 0  /  CM: 0

top △

中京記念_2017 

暑い・・・確かに暑いが、例年より気持ちマシな気がする
昼間の気温は高いが夜になるとある程度下がるし
温度が下がらない熱帯夜みたいなのは、そんなにない気がする
湿度の関係かも・・・?

中京11R
中京記念
◎ブラックムーン
○グァンチャーレ
▲ウインガニオン
△ダノンリバティ

動きの良さそうな馬
グァンチャーレ、アスカビレン>ウインガニオン、ダノンリバティ
湿った馬場の坂路とはいえ短距離重賞戦またはダート重賞戦なみの
好時計馬がズラリ
夏場は体調管理も大変で、軽くするべきか一杯追うべきか難しいが
動いてる分は押せる材料だと思う

本命にはブラックムーン
当馬は終い重点の仕上げで及第点といった感じ
開催後半の前走の走りから、あれだけの時計に対応する辺り、流れ次第で
重賞は勝てるレベルにある。
前走に続いてデムーロを確保し荒れる重賞だが狙ってみたい。
相手にはグアンチャーレ
米子Sでブラックムーンに交わされたが、斤量差はマイナス1キロ
条件的には十分ひっくりかえってもおかしくない。
重賞馬で55キロで久しぶりに出れるし明らかに人気の盲点か。
あとは動きの良さと逃げた時の強みでウインガニオン
ただ、メンバーを見るとハナをとられると、かなりキツイかもしれない。
行きそうなのが外に行っているのでスタート次第か
押さえに差し展開になれば動きの良いダノンリバティも

函館2歳Sはパス
中京2歳Sは買っておけばよかったな。安くても気分良いだろうし・・・

ブログランキングに参加しています
にほんブログ村 競馬ブログ 馬体・パドック理論へにほんブログ村 競馬ブログ 追い切り重視へ
競馬ブログランキングへ

ポチっと押してね! ☆(ゝω・)vキャピ

Category: 競馬予想

TB: 0  /  CM: 0

top △

函館記念_2017 

函館記念って毎年買ってる気がするけど当たらない
例年、人気薄の1頭くらいは8割がた引っ掛けてる気がするし
あと一手もしくは2手あれば!?みたいな
なんていうか馬券下手つーの?

つーか薄暮レースとか、またやればいいのに・・・

函館11R
函館記念
◎アングライフェン
○ツクバアズマオー
▲サトノアレス
△レッドソロモン

動きの良さそうな馬
ツクバアズマオー>ステイインシアトル、レッドソロモン

例年書いてるけど、今年も巴賞からあーだこーだ言いたい。
巴賞の1着馬を買いたい。
そんな気持ちもあろうかと思うが、ちょっと待ってほしい。
自分のブログを遡っても良いが、まぁ巴賞1着馬とかもうマジでどうなんかなって
例年書いてるけどハンデキャッパーが甘いというか
よく考えてるからこそ例年荒れるんだろう?という仮定もなりたつが・・・

本命はアングライフェン
ごめんなさい
正直頑張って考えたけど、頭の中ぐるぐるしてて、よく分かりません。
先々週のシャイニングレイのCBC賞から、なぜか確変が入ってる北村
巴賞から1キロ減で計算上はサトノアレスを食えるはず
明日は恐らく先行馬が複数頭いてわりと前は忙しいと思われ
それを見る位置、中段、と考えると・・・
相手本線には休み明けとは言え函館の空気が合うのか絶好調っぽい
ツクバアズマオー
中山巧者でもあるが、そもそも重馬場や洋芝適性が高い馬で
前年もほいほいと巴賞-函館記念と3着
去年は10番枠で今回は11番枠、ここだけが気に入らないけど買う。
あとは本命の馬から逆算してサトノアレス
2000mどうのと言われている通り、恐らく中央だとちょっとキツイとおもう。
が・・・小回りの函館競馬場であれば!?
前走よりも速いラップでの流れだろうし追走も楽とみる
あとは動きが良く洋芝適性の高いレッドソロモン

ヤマカツが逃げて武が番手、それを突いてマイネルミラノ
あと出がよければ他にも前で飛ばしそうなメンバー
鳴尾記念のような温い感じは無理だし、その前の福島民報杯ほど
速くはないだろうが、いずれにしろ前は結構キツイ感じではないだろうか

ブログランキングに参加しています
にほんブログ村 競馬ブログ 馬体・パドック理論へにほんブログ村 競馬ブログ 追い切り重視へ
競馬ブログランキングへ

ポチっと押してね! ☆(ゝω・)vキャピ

Category: 競馬予想

TB: 0  /  CM: 0

top △

2017-09