Admin   Newentry   Upload   Allarchives

燃えよムチ

馬を見る目はあるが人を見る目はありませんよ

このページの記事一覧

皐月賞_2017 

今年の皐月賞。
正直有力馬の多くが年明けに負けたり、故障したりと
面白味に欠けそうだったが、一頭の牝馬の参戦で俄然面白味が出た。
個人的には大歓迎。
勝ち負けになるかは別として、今後もこういうのを期待したい。

中山11R
皐月賞
◎ファンディーナ
○アウトライアーズ
△ペルシアンナイト

動きの良さそうな馬
スワーヴリチャード>アウトライアーズ
>サトノアレス、ウインブライト、ペルシアンナイト

中3週、1800mからの距離延長、中山経験&重賞勝ちあり
例年の皐月賞なら十分馬券に絡んでくる。
減点するとすれば相手関係くらいなんだが、それも2キロ差を考えると
普通に有利な気がする。
岩田がどうなのかは気にはなるが、ファンディーナに◎

相手本線には、これも中3週、1800mから距離延長のアウトライアーズ
中山コース3戦2勝2着一回
条件的にはウインブライトと変わらないが、スプリングSが休み明けだった
同馬と1戦挟んだウインとの差を考えると、上積みを考えアウトライアーズになる。

ココで予想ペースを書いておくが
今回の皐月賞にはマイル寄りで逃げた実績のある様な馬が見当たらず
そこそこ速いペースで引っ張れる馬が居ない。例年1・2頭はいるもんだけどね。
前走スローで逃げたマイスタイルか、逃げて2戦2勝のアダムバローズが引っ張るか。
いずれにしろ想定されるペースはMより遅いSとみる。
条件的には遅い時計となった弥生賞に近い感じになると思われる。
途中でペースを上げる馬がいるかいないかでも変わるが、直線の短い中山で
ヨーイドンに近い上り勝負になる可能性もある。
枠順にもよるが差し馬的には早めに捲れないとキツイ展開だろう。

なお、この展開どおりになるならば恐らく百日草での比較から、カデナよりも
アウトライアーズがコース的には有利になると踏んで対抗にしている。
当然先行して、さらにスローから上がりの速い脚が使えるファンディーナも有利か。

条件的には中山でも上り勝負になるならスワーヴリチャードも良いのだが
コース的に直線で伸びる脚の使い方をしている同馬は、気持ち不利に思える。
スローで上りの速い競馬となるとマイルを走っていた馬でも十分通用すると思え
ペルシアンナイトを押さえたい。

ブログランキングに参加しています
にほんブログ村 競馬ブログ 馬体・パドック理論へにほんブログ村 競馬ブログ 追い切り重視へ
ポチっと押してね! ☆(ゝω・)vキャピ

Category: 競馬予想

TB: 2  /  CM: 0

top △

第77回桜花賞_2017 

やべーな
2017年、第77回とかこれはヤバイ
もう7枠買っとけばいいような気もするな

阪神11R
桜花賞
◎ソウルスターリング
○ミスパンテール
△リスグラシュー
△ヴゼットジョリー
△アドマイヤミヤビ

動きの良さそうな馬
ミスエルテ、カラクレナイ
終いが良いのは
リスグラシュー、ヴゼットジョリー
見た目だけだと
三頭併せのソウルスターリングが最後まで長く追ってて好感
坂路で見る脚捌きの軽快なのはヴゼットとミスパン

雨量はそれほど多くなかったが朝方まであったようで
午前は曇りが大目、ある程度は回復できると思うが・・・難しい。
阪神JFとチューリップ賞を完勝しているソウルスターリング
阪神改修後のこのパターンは非常に強力で、ローテ的にも完璧に近い。
能力的にも実績的にも死角は無いに等しいが、JFを見てても飛びが大きく
本質的には雨の重馬場+荒場馬が合うタイプではない。
恐らく洋芝のようなパワーのいる重馬場には向くが、この辺はまだ分からない。
一応それを差し引いても、輸送で激減や馬場入りで掛かっていなければ
そうおかしな具合になるとは思えず黙って◎で良いと思う。
相手にはチューリップ賞2着のミスパンテール
新馬勝ちの後、丸7か月開けてのTRでの2着は過去の同TRを考えても優秀
まれにメイチでTRを使われるようなパターンもあるが半年開けている点を考えれば
叩いた上積みがあると考える方が無難。雨上がりのパワー馬場であると考えると
札幌勝ちはプラスだが、開幕時なので差し引き0が妥当か。
血統的にも坂路の走りをみても、今日の馬場は合うように思われる。

正直ソウルスターリングが圧倒的過ぎて単穴とか選べない。
これが違う競馬場や、パンパンの開幕良馬場とかならイザしらず
雨も揚がってるし2・3着候補選びになるか。

まず動きがよく実績的に世代上位と思うのはリスグラシュー
相手なりな面もあると思うが、それは能力が無ければ出来ない話で
2・3着狙いに徹するならば、これが一番だと思う。
ただし馬場の関係と騎手が武なので、勝負に出られると厳しい気もする。

次に動きがよくローテもよく馬場も向きそうなヴゼットジョリー
JFでも動きで買っているが、今回も坂路の上りは見た目的には非常に良い。
また乗り手は福永騎手で牝馬クラシックで乗せたい騎手ときた。
大本命馬が居る時の鉄則として、条件が揃う馬は押さえておきたい。
最後の押さえはアドマイヤミヤビ
距離伸びてこそと言われる2000m戦を勝っている同馬だが
母父クロフネは距離に壁があり牝馬となればかなり分厚い壁になる。
さて1600mのクイーンC勝ちで切れ味は33秒台で抜群。
ただし今回の馬場があうとは思えない。かなり馬場が回復すればと、考える。

ブログランキングに参加しています
にほんブログ村 競馬ブログ 馬体・パドック理論へにほんブログ村 競馬ブログ 追い切り重視へ
ポチっと押してね! ☆(ゝω・)vキャピ

Category: 競馬予想

TB: 0  /  CM: 0

top △

大阪杯_2017 期待はずれな新設GI 

参加GI馬2頭、海外GI馬もオマケで足しても3頭
出走頭数14頭は大阪杯単体で見れば例年よりも多いくらいだが
ローテ的に数頭は参加すると思っていた牝馬は参戦無し。
切れる脚が強力な武器となる舞台に牝馬参戦無しは正直ガッカリな話。
例年の大阪杯と差が無く、GIとしてみると期待外れと言っていい。

大阪杯と言えば、古馬になったクラシック馬達が先輩古馬とガチでやりあう
天皇賞・春の前哨戦で良い意味でG2として格式があったと思う。
やっぱ、これGIにするべきじゃないなって思う。
まず施行時期の問題。中山記念組は出てるが日経賞組は無理
移行してきた金鯱賞組が5頭でこれが来年以降もローテ的にベストか
ただし中京2000mと阪神2000mだと条件は似ていても求める適性に差がある。
GIの前哨戦なら別定で斤量差が出たりして面白いんだが、定量となると・・・
日本人は奇襲戦をやったりする割に正々堂々とか
博打なのにスポーツマンシップがどうとかいう一種の病気をもってる。
ルールは大事だが、博打的に考えると面白くないだろって

阪神11R
大阪杯
◎キタサンブラック
○アンビシャス
△サクラアンプルール
△ステファノス
△マカヒキ

動きの良さそうな馬
ステファノス>マカヒキ>ミッキー>ヤマカツ、アンビシャス
見た目だけでならロードヴァンドールとかはミッキーよりも動いている

前年は別定の2キロ差を生かしてアンビシャスが僅差で交わしたが
今年はそうなるか微妙な線。まず手探りの状態の武と、1年乗った後では
脚の使いどころやペースでの緩急の付け方など懐が深くなってる。
そう考えると、人気でもキタサンブラックから入るしかない。
ただし気になる点があり陣営は春天連覇、宝塚、そしてその先を強く意識しており
去年同様にそこまで仕上げている気配がない。
ただしそれでもセントライトや京都大賞典は完勝と鉄砲成績は高く死角は無いか
対抗には前年覇者アンビシャス
乗り手が当時の横典から福永に代わるが阪神2000mであればプラスともいえる。
前目からでも中段からでも堅実に切れる脚はここでは強い。
一度叩かれ、条件的にもベストとみる。
あとはここ数戦上り33秒を東京・中山と安定して出しているサクラアンプルール
乗り手の横典が前年同様、キタサン狙いだと一発があるかもしれない。
次にステファノス
ステファノスは休み明けは低調で一度叩いた二戦目が強い本番タイプ。
相手なりな面も持ちペースの緩急にも対応可で今回の条件は合うように感じる。
あとはダービー馬マカヒキ
京都記念の馬場と今回の阪神の馬場ではだいぶ違う。
上りの速い時計持ちに向く傾向のある馬場になり、適性的には高いと見る。
ただし相性が悪かったとはいえ京都記念は仕上がりに不満もあった。
それが今回は持ったままで坂を好時計で上っており切れる脚は使えそう。
問題は先行集団を作る武が、マカヒキに切れる脚を使えるペースを与えそうにない。

今日の馬場を見る限り、雨の影響から回復傾向にあったのもあるが
開催後半だが内も十分伸びるという感じ。流れを考えると
マイル寄りの高速競馬を作れる馬が参戦すれば面白かったかもしれない。

ブログランキングに参加しています
にほんブログ村 競馬ブログ 馬体・パドック理論へにほんブログ村 競馬ブログ 追い切り重視へ
ポチっと押してね! ☆(ゝω・)vキャピ

Category: 競馬日記

TB: 0  /  CM: 0

top △

高松宮記念_2017 

どうも雨の影響がちょっと出そうでまだ悩み中
良馬場だとわりと速い時計も出るコースだが、ううむ
少なくても去年のような高速決着はまぁ無いだろう

中京11R
高松宮記念
◎シュウジ
○メラグラーナ
▲セイウンコウセイ
△レッツゴードンキ

動きの良さそうな馬
シュウジ>セイウンコウセイ、メラグラーナ、ソルヴェイク
>レッツゴー、ヒルノデイバロー

雨の影響があると考えて
重い洋芝適性もあるシュウジに◎
カリッカリの時計勝負はまだ無理な感じであるが、少し時計がかかるようなら
その力強い脚は見どころが多い。
前走は過去最大の馬体重増に加え、折り合いを欠いた感じ。
今回も軽快な時計をバンバンだしており、距離が短縮されるのは気性的に歓迎
橋口厩舎から須貝厩舎に移って1年、ゴールドシップの次の須貝の看板馬になる。
対抗にはメラグラーナ
動きよく少々の雨ならパワーでなんとでもなるし中京は1戦1勝
というか雨が降らなければ時計的に1枚落ちると見ていたが、この雨で対抗にしたい。
単穴にセイウンコウセイ
3歳の夏前に古馬1000万下を突破した優秀な素材で京都の準OP、OP,重賞と
トントンと使ってGI挑戦。素質は間違いなく高く、これからの短距離戦線を賑わす存在
問題は同馬も高速時計への対応が不安視していたが、ひと雨でぐぐっとチャンス到来
直線の最後の上りも速い脚を出せ、先行馬としては申し分なし
関東馬なので動きはあまり知らなかったが首の動きとかは良いように見えた。
あとは桜花賞馬レッツゴードンキ
スピードがかかった馬だったが、ここ数戦は差しに回って切れ味を増してきた感じ。
従来のイメージと真逆に近く頭を変えていきたい。
かなり坂路等で鍛えており、前走は馬体重も500キロを超えてきている。
明らかに成長とみていいと思うし筋力もUPし末脚が伸び始めている。
ただし以前とは違い馬が変わった事でテンがかりのようなスピードはなく
今回のように少し時計がかかった場合、後ろからだとどうだろうか。
個人的にマイル-短距離よりの桜花賞馬は好きなので期待はしたいのだが。

一応雨予報というファクターを重視したが、これが快晴でアレば
レッドファルクスを恐らく対抗くらいで買いたいと考えていた。
香港の負けを考えると初遠征や流れなど色々思う事もあるが
一つは洋芝への適性もあるのかも?という感じ。
開幕週とは言え中京で1:07:2の走破時計は非常に優秀で
これだけの脚が使えるのは筋力やバネもあるけど爪の関係もある。
湿った馬場自体の適性がどうのは分からないが
高速馬場に向く爪と重くなった馬場に向く爪は違うという事。
まぁそんな簡単な話ではないと思うが、動きはまぁまぁで非常に悩むところ。

パラパラ雨が降って、やや重でペースが落ち着くのが理想かな

ブログランキングに参加しています
にほんブログ村 競馬ブログ 馬体・パドック理論へにほんブログ村 競馬ブログ 追い切り重視へ
ポチっと押してね! ☆(ゝω・)vキャピ

Category: 競馬予想

TB: 2  /  CM: 0

top △

日経賞_2017 

ファンディーナの皐月賞参戦ニュースで頭がそっちに行ってる感じ。
ローテ、中山1800から2000mへの距離延長、中山重賞勝ちあり
データ派ではないが、この異例ローテでも買いたい要素がたくさんある。
今年の皐月賞は悩み買いがありそう

中山11R
日経賞
◎ゴールドアクター
○ツクバアズマオー
▲ディーマジェスティ
×ミライヘノツバサ

中山巧者をまずみると、かなり簡単に絞れてしまった。
レインボーラインやシャケトラが坂に対応するかどうかは分からないが
未経験とか1戦走って微妙とかだと買いづらい。
3点でいいと思う。
ミライヘノツバサは上の印3頭と比べても遜色ない中山適性持ちなので
一発はあると思うが鞍上替わりがどうでるか・・・

ブログランキングに参加しています
にほんブログ村 競馬ブログ 馬体・パドック理論へにほんブログ村 競馬ブログ 追い切り重視へ
ポチっと押してね! ☆(ゝω・)vキャピ

Category: 競馬予想

TB: 0  /  CM: 0

top △

2017-06