Admin   Newentry   Upload   Allarchives

燃えよムチ

馬を見る目はありますが人を見る目はありません

このページの記事一覧

皐月賞_2018予想 

どうも雨という事で難しい。
日曜の午前に芝2200mがあったが、完全に差し馬場
見るからに内は厳しいという判断もあったろうし
実際に良くないのだと思う。開催ももう終わりだし

中山11R
皐月賞
◎ジャンダルム
○ステルヴィオ
▲エポカドーロ
△タイムフライヤー

動きの良さそうな馬
グレイル、タイムフライヤー>ジャンダルム>エポカドーロ

断然人気であったろうダノンプレミアムの回避で混戦模様
ただし良馬場だったら、データも使えるし中山2000mは適性が出やすく
馬場さえ分かればある程度は目算がたつというのが持論
これに加えてやや重というのが難解に拍車をかけるか
本命にはジャンダルム
まず血統から距離を測るのだが、本来であればパワー重視の馬場で
2000m以上の距離適性が必要かと思うが、中山コースは特殊
中山コース適性を重視し騎手の経験と動きの良さで選んだ。
まずホープフルでの中段からの抜け出しを見るに
急坂へ掛かる辺りの伸びが良く、弥生賞でも目標を前に置いて
きっちり自分の脚は使ってたと思う。ただTRでの武騎手の乗り方は周知の如く
脚を計りつつで、打倒ダノンプレミアム一番手と考えていた。
目標の回避発表が早く、武のイメージも出来つつあると思う。
相手にステルヴィオ
馬場に関しては後述するが、皐月賞は弥生賞よりも
スプリングSとの関連性の方が高く、そこはペースの差であると考えられる。
弥生賞は各馬が折り合いに専念するため、ダービーをも意識した戦いになるが
スプリングSは本番より200m短い分、ペース・質共に高いものになりやすい。
と、ここまでは毎年書いていると思う。
今年も終わってみれば2頭が完全に抜けたパフォーマンスを出しており
この二頭に関しては前々で競馬するエポカと後ろからのステルヴィオと
脚質に違いがあるが絶対に馬券に入れておきたいと思う。
ステルヴィオはパワーがいる洋芝の重馬場を経験しており不安点は無し。
ただし前に目標がいると能力を出せるが、前を想定以上に早く交わすと危ないかも

三番手には上で上げたとおりエポカドーロ
小倉・中山での走りを見るに先行抜け出しの能力が極めて高い。
また血統面や走りから、軽い重馬場であれば味方に出来る走法だし
極端に前がかりのレースでなければコース次第で残せるんじゃないかと。
ただし前でしぶといアイトーンを目標で内で仕掛けると恐い。
あとは前哨戦でスピード不足を露呈したタイムフライヤー
ただし、休み明けの一戦、伸び行く成長力、そして時計が掛かる重馬場と考え
中山での坂での伸び具合も考慮して押さえておきたい。
なお坂の伸び方だけで言うとワグネリアンにも印をと思うが
先週、今週と動きが目立つことなく、馬体維持にいっぱいの可能性もあるかな、と。

展開的にはアイトーンとケイティクレバーのどちらかの逃げ
両馬は一度ぶつかってるが、その時はケイティが頭をとってるが、今回は騎手変り
そうなると国分君が押して行くか。ケイティの方は浜中という事もあるが
安田の息子の方で、調教師として「絶対に行ってくれ」とは言わないはず。
あとはサンリヴァル、エポカ、ジェネラーレウーノあたりになるが
田辺がもしかしたら途中で先に動くかもしれない。休み明けなので。
流れ的には気持ち中段から後方待機組か

分からないのはキタノコマンドール
デムが乗るので内から直線も内目を一気に上がるつもりだとは思うが
結果的に馬に適性があるか無いか無視で内を狙う事が多く
終わってみれば好判断、失敗すれば思った以上に馬場が悪く~という話
正直、こういう馬場の時は博打度が高い。

ブログランキングに参加しています
にほんブログ村 競馬ブログ 馬体・パドック理論へにほんブログ村 競馬ブログ 追い切り重視へ
競馬ブログランキングへ

ポチっと押してね! ☆(ゝω・)vキャピ

Category: 競馬予想

TB: 0  /  CM: 0

top △

桜花賞_2018予想 

風が強い時もあるが天気は回復傾向
馬場も時計が良いし、条件は良いのかな

阪神11R
桜花賞
◎リリーノーブル
○ラッキーライラック
△マウレア

動きの良さそうな馬
マウレア、レッドサクヤ、リリーノーブル、フィフニティ
見た目からラッキーライラック
一週前
ツヅミモン、マウレア、レッドサクヤ、スカーレットカラー
ラッキーライラック、リリーノーブル

雨は前日で収まったし、ある程度風もあるんで馬場は回復してる
昨日と今の時間まで見る限りは内外でいうと内馬場の伸びがいいように思う。
ただし追い込み型が外から差してきている馬もおり、
力さえあれば追い込めるのかもしれない。

本命にはリリーノーブル
阪神JFとチューリップ賞、そして桜花賞と
同条件の牝馬クラシック戦線だが、改修後は変なペースも少なく
この一連のクラシックロード上位馬が普通に結果を出している。
特に人気馬の信頼度が高い(別路線の人気馬が不安定なせいもあるが
中1週で阪神JF2着時は先行抜け出しで勝ちに行ったレース
どうしても目標にされた分があるが自力を考えると正攻法で安定度が高い。
チューリップ賞は前哨戦もあったがライラックをマークした結果
今回も似たような展開が予想されるが、ライラックは最内で
マークしやすい様に感じるし馬体からも瞬発勝負に持ち込みたい。
相手本線にラッキーライラック
GI、トライアルと完勝の部類。前走の時計も優秀で
正直言えば1枠も有利になると思えるのだが、データ的には
桜花賞の1枠はあまり良くないとの事。
中間の仕上げや、石橋のためにノーザンが芝レースに数頭用意したようで
陣営や馬主の後押しでどうにかならないか。
あとは滞在調教のマウレア
馬体も回復したようだし2週の動きは目立つもの。
前走から引き続いて武騎乗と心強いが、どうも脚を溜めそうな気配。
着狙いならばチューリップ同様恐いが、頭まで狙うという事であれば
クイーンC掲示板からチューリップ2着、本番4・5番人気というと
2・3年前にも居たような気がするし、少し迷う。

いずれにしろ今年もチューリップ賞上位馬か

ブログランキングに参加しています
にほんブログ村 競馬ブログ 馬体・パドック理論へにほんブログ村 競馬ブログ 追い切り重視へ
競馬ブログランキングへ

ポチっと押してね! ☆(ゝω・)vキャピ

Category: 競馬予想

TB: 0  /  CM: 0

top △

大阪杯_2018予想 

桜が舞ってる
風が強いのもあるけど咲くのが早かった気がするな

阪神11R
大阪杯
◎アルアイン
○スワーヴリチャード
△サトノダイヤモンド
△サトノノブレス

動きの良さそうな馬
アルアイン>サトノノブレス>ヤマカツエース
一週前から
スワーヴリチャード、アルアイン
ここまで書いてて気づいたけど去年の皐月前もこの二頭は動きよかったな

データが得にくい新設GIの2年目
以前の大阪杯は春天の前哨戦という側面を持ちつつ宝塚へ続く王道ローテ
実際は冬までフル回転した中長距離のTOP陣が激寒気を休み
春の始動戦でここを使い1200m伸ばして春天へ駒を進めたり、あるいは
阪神大賞典や日経賞に目もくれず宝塚へのステップに力試しをするという感じ
確かに○外や距離適性から、ここを春の最大目標にする馬も居るにはいたが
レースの傾向がガラリと変わったように思う。
ただしGI昇格初年度の勝ち馬は春天へのステップで完勝しているが・・・。
いずれにしろ、傾向やデータは5・6年様子を見てからだろうか。

本命には二週連続好調教のアルアイン
阪神の2000m前後で好成績があり、時計勝負も経験しており経験値が高い。
逃げそうな馬が居るにはいるが極端なペースにはなりくそうで、ここから入りたい。
というか、このコースは川田が上手い
春天へ駒を進めるか未知数だが、ここは勝ち負けか。
相手にはスワーヴリチャード
一週前にある程度作ってしまったので当週は軽め
前走の馬体増・調教後を考えるに今回もプラス体重だろうか。
能力的には4歳の中でも抜きんでており、鞍上デムーロの口ぶりから
世代TOPの可能性も秘めると思う。ただし懸念されるのは右回り
正直、有馬である程度こなしているし、調教では悪癖らしきものは見られない。
が、有馬でも最後内側へ寄れるというかモタれていたのは事実で
追い出し時にあぁいう動きをするようだと伸びきれない可能性がある。
前走は極端なスローで掛かり気味、今回はそうスローにはならないとみるが
もうちょう内枠寄りで前に壁を作る感じが良かったと思う。
外々を回る様だと前走以上に戸惑う可能性がある。
動き重視でサトノノブレスに△
高齢馬とはいえ前走同様スローのヨーイドンなら侮れない。
この辺の可能性も捨てられないのでサトノダイヤモンドも△扱いで

ブログランキングに参加しています
にほんブログ村 競馬ブログ 馬体・パドック理論へにほんブログ村 競馬ブログ 追い切り重視へ
競馬ブログランキングへ

ポチっと押してね! ☆(ゝω・)vキャピ

Category: 競馬予想

TB: 0  /  CM: 0

top △

高松宮記念_2018予想 

さて今年も始まるGIロード
序盤からある程度波にのって安田まで走り抜けたい。

中京11R
高松宮記念
◎ファインニードル
○レッドファルクス
△レッツゴードンキ

動きの良さそうな馬
レッツゴードンキ、ファインニードル
一週前から
ファインニードル、レッツゴードンキ、レッドファルクス
今週は栗東は極悪馬場で短距離GIで毎度おなじみの超調教は見れず
美浦組も中京への遠征を意識してか強力な追い切りは無し

前哨戦を2馬身差で快勝し余裕のあるローテでくるファインニードルに◎
その前走がハンデ戦とはいえ短距離馬らしい仕上がりとレースぶりを見るに
飛躍の一戦であったと思うし大一番を考え鞍上を固定できたのもツキがある。
問題はペースか。
ネロやダイアナ、前走逃げたセイウン、行く気ならナックビーナスでも行けるか、
いずれにしろ気性的に逃げ以外無しはおらず、ミナリクのネロの逃げか。
こうなると先行馬が多くテンは速くても直線入り口では落ち着いていて
このパターンであればファインの押し切りが濃厚。
が、やはりペースが速くなった場合は川田が付いていくかはちょと分からない。
対抗にはレッドファルクス
宮記念で緩いペースは無いと思うが、仮に平均程度であれば前年同様
内を捌いて突き抜けてくると思うしペースが速ければ直線一機もあるか。
いずれにしろ本格化前から中京を得意としており
よほど大きなミスや不利を受けない無い限りはゴール前で来ていると思う。
あとはセオリー外からレッツゴードンキ
過去にフェブラリー経由で出てきた馬がどうなったか、よく知らないが
実績からは2・3番人気で優勝候補だと思う。
香港遠征で減った馬体も少しづつ回復し調教後の時点でほぼ回復。
ただ一週前のハード調教と当週を見る限りは少しキツメに仕上げてる気がする。
牝馬特有の調教ではないので、少し気になる。

ブログランキングに参加しています
にほんブログ村 競馬ブログ 馬体・パドック理論へにほんブログ村 競馬ブログ 追い切り重視へ
競馬ブログランキングへ

ポチっと押してね! ☆(ゝω・)vキャピ

Category: 競馬予想

TB: 0  /  CM: 0

top △

金鯱賞とフィリーズレビュー_2018予想 

弥生賞は想像以上に固かったが
正直、私見も入るが、あの着差やイメージは予想できたことであり
恐らく皐月でもそう変わらないと思う。
確実に1強の構図が見えてきたと思うが、問題は皐月では無くダービーだろう。
まぁあと1・2頭候補がいるが先行馬の横綱競馬を見ると
付け入る隙が少ないような気がする。

中京11R
金鯱賞
◎スワーヴリチャード
○メートルダート
△ヤマカツエース

動きの良さそうな馬
ブレスジャーニー、ヤマカツエース、ダッシングブレイズ
一週前から
スワーヴリチャード、ヤマカツ

一週前に時計を出して当週軽めのスワーヴリチャード
予定通りという話だが、馬体重は+10近いとの事で輸送で減っても
まずプラス体重は確実。ただし陣営的には成長分との事。
明け4歳だし当然と言えば当然だが陣営の自信が垣間見える感じ。
左回りではスムーズで死角も少ない、あえていうと距離短縮になるが
言い訳出来る距離ではないと思う。大阪杯に向かうか分からないが
ここは本軸でいいだろう。
相手本線にメートルダール
OPまでの条件戦で見続けていたが、条件さえ整えればかかなり強い。
左回りであればマイルでも勝負できるが、やはり2000mがベストか。
今回は複数回乗ってる福永に手が戻るのもプラスだし、
内枠なので、前走のクリスチャンの様な位置取りではなく前目だろうか。
いずれにしろ福永騎手は中京の騎乗に定評があり
賞金的に勝ち負けでないと大阪杯は厳しいと思われるので
陣営的に勝負レースと考えたい。
あとは金鯱賞2勝のヤマカツ
二週連続CWで好時計を出しているが、どうも大阪杯への意識が強く
まだ仕上げ途中というか作りに余裕があるとの事。
この辺はTVで見たニュアンスで難しいが、押さえに回したい。

阪神11R
フィリーズレビュー
◎アンヴァル
○アンコールプリュ
▲アマルフィーコースト

動きの良さそうな馬
アンヴァル、アンコールプリュ>>モルトアレグロ、アリア

正直、内枠有利だと思うし
このレースは短めの方が結果がでてるから難しい
動きの良さで藤岡兄弟の馬を選びたい。
二頭とも動きが良く、アンヴァルは1200mしか走っていないが
血統から1400mは守備範囲とみたい。
アンコールプリュも動きよく2戦とも自在性を発揮し連勝馬の勢いで
あとは休み明けになるがアマルフィーコースト
権利を取るならもう後が無い。

ブログランキングに参加しています
にほんブログ村 競馬ブログ 馬体・パドック理論へにほんブログ村 競馬ブログ 追い切り重視へ
競馬ブログランキングへ

ポチっと押してね! ☆(ゝω・)vキャピ

Category: 競馬予想

TB: 0  /  CM: 0

top △

2018-06